お金のこと

maneo(マネオ)評判と遅延案件から倒産の可能性が増加、行政処分を無視したつけ(2019年7月)

投稿日:2019年7月22日 更新日:

マネオ は、確かに、ソーシャルレンディング最大手です。実績は、十分です。

ソーシャルレンディングは、一旦投資したら何もしなくていいので忙しい人に向いてる投資のような気がしてましたが、どうやらそうでもないですね。

最近、頻繁にお金の重要性が説かれていますが、うっかり変な投資に捕まると増やすどころか減ってしまいます。

よく情報収集してから投資を実行してください。

マネオ はソーシャルレンディング最大手と言われています

このソーシャルレンディングの業界では、かなり古く2007年から営業していますし、成立ローン総額は、1,644億5,417万円です。

しかし、それらの話は、2018年までの話です。

身から出たサビですが、2019年のマネオ には、

投資する価値は微塵もないです、はい。

今回マネオ を初めて知った方は、時間の無駄なので忘れましょう。

あらたに、ソーシャルレンディングへの投資を考えている方は、悪いことは言わないので、違う会社の情報を集めてください。

現在の遅延投資金は、

【延滞中】案件数 30件 / 件数 527件 / 金額 8,151,499,124円

81億もの遅延中の案件があります。

すごいです。81億ですよ。これだけの遅延ファンドを作れること自体が驚きです。

お金集めに必死で無謀な融資を繰り返したきたツケが出てきています。そもそも、ここにきてこれほど急激に遅延ファンドが出るということは、今まで何らかのあやしい工作を行ってきたと思われても仕方ありません。

スポンサーリンク

マネオ グループに拡大するともっと惨状は広がります

マネオ マーケットの範囲に広げると、さらに惨状が広がります。

グリーンインフラレンディング12,679,852,760円
ガイアファンディング 4,067,842,430円
クラウドリース 5,813,670,154円
キャッシュフローファイナンス 945,964,499 円

な、なんと、

グループ合計235億の遅延です。異常な事態です。

さっきのマネオ の81億をプラスすると、

316億の遅延です。

いうことなしです。

遅延なので返ってくる資金もまだまだあると思いたいですが、それぞれの企業は社員数が数十人程度の企業でこの量の遅延は荷が重すぎるでしょう。

そして、どうしてこんなに無謀に貸付つけたのでしょう。

そして、一部企業では、詐欺の噂も出ており、すでに裁判で争われています。

無謀な融資を続けた結果がこれです。

他のソーシャルレンディングを見てもここまで酷いのは知らないです。桁違いです。

トラストレンディングは、免許取り上げられましたけど、マネオ は未だ免許を持っています。

マネオ グループの社員たちは、これまで甘い蜜を十分吸い続けてきましたが、2018年からは、地獄のような日々を送っているのだろうと思います。

残念ですが、全く同情はできないですが。

投資家のみなさんの健康状態の方がよっぽど気になります。


マネオ の現在の募集はキャンセルされています

現在、マネオ の募集は、どういうわけか以下の通りキャンセルされています。

理由は、以下の通りですがよく意味がわからないですね。

それでも、キャンセルされてよかったと思います。被害者が少しでも減ることは望ましいことです。

募集キャンセルのお知らせ

この案件は、以下の理由でキャンセルさせていただきます。
ファンド募集資金の範囲において、当初の計画どおりに貸付が実行されました。
それに伴い、追加による新規募集は見合わせることといたしました。

投資家の皆様におかれましては、ご投資いただきましたにもかかわらず、
誠に申し訳ございません。

マネオ マーケット

スポンサーリンク

マネオ マーケットは、2018年7月に行政処分を受けています

maneoマーケット株式会社に対する行政処分について

マネオ は、2018年7月3日に行政処分をすでに受けています。この勧告に対して、マネオ は一定の改善をしたと報告していたようですが、

実際は、反省することなく悪行を続けていたようです。

本当に、この機会を生かさず、ズルズルと悪事を重ねた結果のこの醜態では同情の余地もありません。

それにしても、この行政処分のときに、第二種も停止にしておいてくれれば、もう少し被害を食い止めれれたかもしれないのに・・。無念ですね。

これからどうなるの?

これは、以前の記事にも書きましたので、そちらも参考にしてください。

maneoの悪評は、以前より既存の投資家たちから広がりつつありますし、少しずついろんなところで悪い情報を目にすることがあります。

ただし情報が古いものや宣伝めいたものは、やはり危機感を感じない記事が多数あるのも確かです。

しかし、もう本当にやばいと思います。

新規の投資家の皆さんは、間違ってもマネオ グループと関わりを持たないでください。

今現在は、新規ファンドの募集がないですが、たとえ、新規のファンドの募集があったとしても検討すらしないでください。

相手にしないことです。

それに、ここまで悪い状態だと、投資家がお金を投資しないだけでなく、借り手もわざわざマネオ に頼む必要はないということです。

つまり、これから出るファンドは、出た時点で危ないということだと思います。

まとめ

マネオ の今の状態を簡単に紹介しました。これ以上、被害者が増えないことを願ってなりません。

また、残念ながら被害に会われた投資家のみなさんに一円でも多くの投資金が償還されることを願って、この記事を閉じます。


この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

マネオ グループに関する記事一覧

結局マネオは、Jトラストに買われました

maneo(マネオ)がサムライに買われるってどう?一体何が変わるのだろか??

*本記事は、予告なく、加筆・削除・改変されることがあります。あらかじめご了承ください。

スポンサーリンク

-お金のこと

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.