お金のこと

maneoマーケットによるガイアファンディング訴訟経過(1)

投稿日:2019年7月1日 更新日:

マネオマーケットが、自分のグループ傘下であるガイアファンディングを訴えました。

もはや、むちゃくちゃなことが起こっています。不幸にも投資してしまった投資家は、この裁判も気にしないといけません。

やれやれです。

created by Rinker
¥1,760 (2020/01/18 07:51:06時点 楽天市場調べ-詳細)

弁論準備期日(5/15)

準備期日なるものが行われたようです。ネットで調べると、”弁論準備期日”は、口頭弁論より軽い感じで非公開でもよいようで、始める手続きようなものらしいです。

maneo株式会社は、平成 31 年 3 月 12 日にガイアファンディング株式会社および同 社代表取締役であり連帯保証人である屈文馨氏に対し、貸金返還等請求訴訟を東京地方裁 判所に提起しており、弁論準備期日が 5 月 15 日にございました。

次回の弁論期日は 6 月 26 日に予定されております。裁判所主催の手続に則り審理が行わ れて後、判決を得ることになります。

投資家の皆様にご説明すべき事項が発生した場合には速やかにご説明させていただきま す。

以上

マネオマーケット メール

スポンサーリンク

弁論準備期日 (6/26)

上の継続みたいなものでしょうね。大した進捗はないようですが、ガイアは、返金する意思はあるように書いてあります。トンズラするくらいなので、本当かどうか?はわかりませんが、それすら争われるよりはマシですかね?

それにしても中身がなさすぎて、なんの検討材料になるのかわかりません。

何もおきないかもしれませんが来月の弁論を待つしかないです。

訴訟の経過に関するお知らせ

maneo株式会社(以下「当社」という。)は、平成 31 年 3 月 12 日にガイアファンデ ィング株式会社(以下「ガイア社」という。)および同社代表取締役であり連帯保証人であ る屈文馨氏に対し、貸金返還等請求訴訟を東京地方裁判所に提起しており、弁論準備期日が 6 月 26 日にございました。

ガイア社は返済義務を負うこと自体は争ってはおらず、裁判においても案件毎に順次弁 済する旨は申し述べておりますので、当社としては、訴訟での主張立証と並行して、早期弁 済を求める次第です。次回の弁論期日は 7 月 31 日に予定されております。

投資家の皆様にご説明すべき事項が発生した場合には速やかにご説明させていただきま す。

以上

マネオマーケット メール

もはやいうまでもないですが、マネオマーケットがガイアファンディングを訴えたところで投資家の皆さんの状況は何も変わりません。

本当にひどい粉飾と虚偽の募集内容にて騙されたのです。こんな詐欺的なやり口に屈するわけには行かないのです。

この記事に、マネオマーケットがガイアファンデングを訴えた記録を書いています。

これまでの経緯は、以下を参照。

ガイアファンデングの遅延被害者が続出:enjin集団訴訟の動きあり

弁論期日 (7/31)

7/31に、弁論期日があったようです。(準備というのが取れました。)ただ、内容は何もないようで、弁論期日があったということだけです。

本当にこれを聞かされてどうすれば良いか困惑してしまいます。

本当に進捗がないんでしょうね。これを受けてガイアがどうこうすると言うことがあるのでしょうかs?

そもそも、相手が出席してるかどうかすらわからないです。裁判の内容を少しでも伝えてくれればいいのにと思います。


投資家各位 令和元年8月6日 maneo株式会社

訴訟の経過に関するお知らせ

maneo株式会社(以下「当社」という。)は、平成 31 年 3 月 12 日にガイアファンデ ィング株式会社(以下「ガイア社」という。)および同社代表取締役であり連帯保証人であ る屈文馨氏に対し、貸金返還等請求訴訟を東京地方裁判所に提起しており、弁論期日が 7 月 31 日にございました。
今回の期日においても、ガイア社は返済義務を負うこと自体は争っておりません。当社と しては、引き続き訴訟での主張立証と並行して、早期弁済を求める次第です。次回の弁論期 日は 10 月 2 日に予定されております。
投資家の皆様にご説明すべき事項が発生した場合には速やかにご説明させていただきま す。
以上

maneoメール

スポンサーリンク

弁論期日(10/02)

なぜか日付けが書かれていないので、10月2日か?どうかわからないですが、口頭弁論が行われたようです。

投資家各位 2019年11月6日 maneoマーケット株式会社


ガイアファンディングの延滞案件に関する経過報告

この度は多大なるご心配とご迷惑をお掛けしておりまして誠に申し訳ございません。 また、定期的な状況のご報告が出来ずにおりますことを心よりお詫び申し上げます。ガイ アファンディング株式会社(以下「ガイアファンディング社」といいます。)及び代理人 弁護士との折衝の状況について、ご報告いたします。
弊社は、かねてからガイアファンディング社に対して案件の進捗状況、返済計画などを報 告するよう要請しておりました。それに対しガイアファンディング社から案件に関する情 報提供はございましたが、これらは具体的な事実関係が明らかなものではなく、また記載内 容の裏付け資料が開示されておりませんでした。従いまして弊社は、追加情報を得て具体的 な事実関係を確認すべく、書面により案件の進捗状況の報告を要請いたしました。しかしな がらガイアファンディング社からは、弊社の要請に対しては上記情報提供にて既に対応が 済んでおり、追加情報を提供する必要はないとの回答がございました。
一方、「maneo」にて募集を行いました「ガイアファンディングセレクトファン ド」においても延滞が発生していることから、債権者であるmaneo株式会社(以下、 「maneo社」といいます。)は、債務者であるガイアファンディング社に対し貸金返 還等請求訴訟を提起し、現在、同訴訟の審理が行われているところです。同訴訟の口頭弁 論において、maneo社はガイアファンディング社に対して、訴訟の対象となる案件の 進捗状況を具体的に明らかにするよう要請しており、裁判所からもガイアファンディング 社に対し当該要請に対応するよう指示がありました。この指示に歩調を合わせ、弊社から も改めて書面により全案件の進捗状況を具体的に報告するように要請しましたが、ガイア ファンディング社からは、裁判所からの指示があるにも関わらず、本日時点において追加 情報の提供がございません。
弊社は 10 月 2 日に公表いたしましたように株式会社日本保証(以下、「日本保証社」と いいます。)及びパルティール債権回収株式会社(以下「パルティール社」といいます。) との業務提携契約を締結いたしました。日本保証社は米国における不動産ネットワークを 有しており、そのネットワークを活用した情報収集を基にパルティール社との回収の促進 を目的とした協議に着手いたしました。ガイアファンディング社から追加の情報提供が行 われるかについては引き続き課題として残りますが、延滞解消に向けたソリューションを 最大限に活用してまいります。
何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


以上

マネオマーケットからのメール

簡単に要旨を抜き出すと、

・ガイアファンデングからの情報の開示はあった
・maneoから見るとその情報は不十分であった
・追加の情報提供にガイアファンデングが応じない

・maneもガイアファンディングに貸金返 還等請求訴訟を提起
・裁判所もガイアファンデングに情報の開示を指示している
・日本保証とパルティーン社との回収の促進を開始した

もはや、いうことはないのですが、回収のパフォーマンスだけではなく、なんとか、回収を実現して欲しいものです。

ガイアファンディングがもはや、日本でビジネスする気がないのが気になりますが、この裁判の効力ってどうなるのでしょうかね?

maneは、提訴するしか手がないのは本当に情けない。

アメリカで裁判起こすとかできないのでしょうか?

正直、心配でしかないです。

弁論期日(11/02)

2019/11/20に行われた、ガイアファンディングの弁論期日の報告です。

一言でいれば、特に進捗なしです。

今回の報告のポイント:
・maneo、ガイアの主張は出揃った
・ガイアは返済義務自体は争っていない(返すつもりはある)
・maneoは経営陣を刷新したので、ケルビンとの面会を申し入れる
・次回は、2020/2/20

Jトラストグループの今後の活躍を切に願いたいです。Jトラストにしてもこの件が解決すれば、大きな成果として、サムライ証券へのユーザーの誘導に第一歩が踏み出せるので、力入れて頑張ってくれるはずです。

それにしても、具体的な情報が出てこないので、投資家の皆さんも心配してると思います。

はやく、具体的な動きが欲しいところです。

maneからの報告

訴訟の経過に関するお知らせ     令和元年11月29日 maneo株式会社

弊社は、平成 31 年 3 月 12 日にガイアファンディング株式会社(以下「ガイア社」とい う。)および同社代表取締役であり連帯保証人である屈文馨(ケルビン チウ)氏に対し、 「ガイアファンディングセレクトファンド」に係る貸金返還等請求訴訟を東京地方裁判所 に提起しております。11 月 20 日に行われましたが弁論期日の状況をご報告いたします。

この弁論期日において、裁判所からは、弊社及びガイア社の主張が出揃いつつあるとの趣 旨の発言がございました。ガイア社は、依然として弊社への返済義務を負うこと自体は争っ てはおらず、弊社としても裁判所と同様の認識ですが、ガイア社は次回の弁論期日までに追 加主張を提出する見込みです。次回の弁論期日は令和 2 年 1 月下旬となりますが、弊社と いたしましては、経営体制を刷新しているところでもありますので、ガイア社及び屈文馨氏 に対し同氏との面会を申し入れ、早期解決と情報開示を改めて要請する方針です。

この度は多大なるご心配とご迷惑をお掛けしておりまして誠に申し訳ございません。次 回の弁論期日以前に、新たにお伝えすべき事項がございましたら速やかにご報告いたしま す。何卒、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

以上

2019年11月29日 maneo株式会社メール

相変わらず、金曜日の夕方ですが、一生懸命やってるなら普通の日に出して欲しいものです。

こちらの記事も参考まで:

maneoのガイアファンデングへの対応が少し変わったぞ

本記事は、予告なく、変更・追記・削除する可能性があります。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

クラウドリースの詐欺に投資家がひかっかった訳:ソーシャルレンディングの危険性

マネオ関連の被害者多数の問題を扱った記事

スポンサーリンク

-お金のこと

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.