お金のこと

クラウドリースの遅延が止まらない。応対のあまりの酷さから投資家の不安は増大

投稿日:2019年6月16日 更新日:

6月14日にクラウドリースから少しだけアナウンスがありました。

もう呆れてものも言えないですが、動きがあるだけマシだと納得したいと思います。少しだけ整理しておきましょう。

流石に、ここまで態度を改めないなら、なんらかの手段を考えた方がいいかもですね。

5月31日: 投資家にCLとの折衝を報告
6月14日: 投資家にCLからの報告内容を報告

5月31日に投資家に連絡がありました

やはり、前回のクラウドリースのブログには、やはり全くふれていませんね。まぁ、そりゃ、そうですね。

以下がそのメールですが、とにかく何を報告したいか?はわからないです。

メールを見て感じるのは、とにかく、マネオマーケットとしての責任はなく、あくまでクラウドリースが勝手にやってることだから報告を受けないと何もできないといっています。

しかし、これって本当でしょうか?

まず、マネオマーケット社は、自分たちがクラウドリースをきちんと管理できていなかった点を詫びるべきです。責任転嫁甚だしいです。

連絡はないよりある方がマシですし、6月上旬に説明を聞くとあるので、とりあえず待とうという思った人が多かったと思います。

投資家各位

「株式会株式Crowd Leaseに係る状況報告」

株式会社Crowd Lease(以下、「CL社」という)及び代理人弁護士との折衝について、ご報告いたします。
2019年4月19日付けのご報告でもお伝えいたしましたように、
弊社は、CL社に対し、ファンドに係る案件の状況、回収計画などを把握したうえで投資家の皆様へのご報告を実施するため、
ファンドの状況等についての説明及び当該説明の裏付けとなる資料の提出を速やかに実行するよう要請しているところでございます。

弊社は、CL社からの説明等を受けるべく、CL社や同社の代理人弁護士と折衝しておりますが、
現状、案件の状況など具体的な事実関係を確認できておらず、こうした点について、
投資家の皆様へのご報告を行うことができておりませんことをお詫び申し上げます。

先般のCL社及び同社代理人弁護士との面談において、
CL社は、6月上旬を目途に弊社宛の説明等を実施する意向であることを確認しております。
弊社といたしまして、CL社からの説明等の内容を確認のうえ、あらためて投資家の皆様へのご報告を実施させていただく予定です。
また、弊社は、迅速な回収の促進に資する対応を検討しております。
CL社からの説明等の内容も踏まえ、今後、弊社として実行できる対応を行っていく所存です。

今後の投資家の皆様へのご報告につきましては、引き続きメールならびにホームページにてご報告いたします。
多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げます。

2019年5月31日
maneoマーケット株式会社

引用:maneoマーケット株式会社メール

スポンサーリンク

6月14日に投資家に連絡がありました

で、届いたのが次のメールです。これが精一杯だとすると心もとない連絡です。

今更、取り繕っても仕方ないので正直に話して欲しいのですが・・・。

残念ながら話せないのでしょうね。

ただメール中には、以下の文言があるので、各ファンドの状況を早く確認したいものです。

案件毎に順次該当する投資家の皆様にメールによるご報告を再開いたします。

投資家各位

株式会社Crowd Lease(以下、「CL社」という)及び代理人弁護士との折衝について、ご報告いたします。

2019年5月31日の状況報告において「先般のCL社及び同社代理人弁護士との面談において、
CL社は、6月上旬を目途に弊社宛の説明等を実施する意向であることを確認しております。
弊社といたしまして、CL社からの説明等の内容を確認のうえ、
あらためて投資家の皆様へのご報告を実施させていただく予定」とお伝えいたしましたとおり、
6月7日に案件の回収状況に係る説明を受けました。

投資家の皆様には、随時CL社から提供を受ける説明内容を確認の上、
案件毎に順次該当する投資家の皆様にメールによるご報告を再開いたします。

大変お待たせ致しておりますことをお詫び申し上げます。

また、今後のCL社及び代理人弁護士との対応について、
投資家の皆様にお伝えすべき事項につきましては、
これまで同様にご投資中の全ての投資家の皆様へのメールならびにホームページ上への掲載という形でご報告いたします。

多大なるご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと心よりお詫び申し上げます。

2019年6月14日
maneoマーケット株式会社

引用:maneoマーケット株式会社メール

本当にこんなに遅延させておいて大丈夫なのでしょうか?

現状、58億ほどの貸付があります。返済利率を10%とすると、

(58*0.1)/12 = 0.48 [億円]

約5,000万円以上の回収が必要なのですが、きちんと回収できてるのでしょうか?

なんだか、時間稼いでいるように思えます。

すでに、告訴等も行われる動きが出ていますが、しばらく、状況の変化に注視していきたいと思います。

やれやれです。

* しばらくの応答はここに整理していきます。

*本記事の内容は、予告なく変更・加筆・削除されます。ご理解のほどよろしくお願いします。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

クラウドリースの詐欺被害者への情報:ブログが更新されています(2019/5/24)

クラウドリースの詐欺被害者が続出:ソーシャルレンディングの危険性

スポンサーリンク

-お金のこと

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.