商品レビュー 季節もの

バッテリーが上がったときの自分で行う対処、ジャンプスターターを購入し実際つかってみた

投稿日:2018年2月24日 更新日:

冬は、すぐバッテリーが上がっちゃいます

この季節になると、いつも僕の車のバッテリーがあがります。もう、完全に冬の風物詩。2年に一回は上がってしまって、その度に、JAFに出動をお願いします。寒い中、駐車場から家に帰って電話して、到着まで待って、JAFの車が来てくれたら駐車場のゲートを開いて、エンジンかけてもらって、JAFの隊員の人に注意を受けて。。。

”一週間に一回はエンジンをかけてください。”

ま、そうなんですけど、忙しい時は、あんまり乗らないので、どーしても冬には、バッテリーが上がってしまいます。わかってるんですよ。エンジンかけないといけないのは。。。

うーん、流石に毎回これやるのはめんどい。

車って、エンジンかからないなら、ただの超重い鉄の塊ですからね。

この現状を打開するため、いいものを手に入れました。

スポンサーリンク

ジャンプスターターを使ってみる

今シーズンもやっぱ上がっちゃいました。それは、この冬の年の瀬。(つまり、去年の話なんですけど・・。)

ネットで調べたら、いいやつありました。 簡単にいうと、ポータブルのバッテリーみたいなもの。これを車のバッテリーにつないで、エンジンかけるだけ、というのものがあるらしい。

その名は、"ジャンプスターター"

うーん、名前がかっこいい。早速、アマゾンで注文して入手です。

キックスタターパッケージ

使い方

で、早速、使ってみました。
1)車のバッテリー接続用のケーブルをジャンプスターターにつなぐ
2)赤いワニ口をバッテリーの赤いカバーを外した金属につなぐ
3)黒いワニ口をバッテリーの黒い方につなぐ(こちらは、もともとカバーがない)
4)運転席に戻って、エンジンをかける→ エンジンが簡単にかかる
5)ケーブルを取り外して、収納する
6)バッテリーがたまるまでしばらく運転するか、エンジンかけっぱなしにする

取り付ける時のコツは、ワニ口の金属部分をバッテリーの金属になるべく多く接触させることです。
接触が少ないと、エンジンかからない場合があります。
うまく行かない時は、接触面積を気にしてください。

ジャンプスターターを接続した写真

この状態で、エンジンかけるだけです。これまでかからなかったのがうそみたいに簡単にかかります。

ほんとか?

こんなに簡単なのか? 

知らんかった・・・。

そして、先週、今シーズン、このジャンプスターターを2回を使いました。

そのうち、バッテリーそのものを変えよう。(余裕)

これまで知らなくて、本当に残念に思います。

買うなら、2つ目くらいですかね?

私の買ったのは、10800mAhです。(もう売ってないみたい。。)

Beatit B10PRO ジャンプスターター 大容量 12V 車用エンジンスターター 最大電流800A QDSP技術 最大7.2Lガソリン車 5.5ディーゼル車に対応 Type-Cポート搭載 モバイルバッテリー ポータブル充電器 防災グッズ スマホ急速充電 小型軽量 LED応急ライト搭載 24ヶ月保証
BEATIT

バッテリーがよく上がるって方、結構多いと思うんですよね。僕のように、車がないと生活するのが面倒な場所から車が要らない便利な場所に引っ越した人なんかにオススメです。

ご検討ください。

スポンサーリンク

追伸:

余裕をぶっこいてた私ですが、本日、ついにバッテリー交換しました。やはり、一度、上がったバッテリーはあまり良くないようで、最初のバッテリー上がりから、約4ヶ月でお亡くなりになりました。(チーン)

流石に、毎回これで、エンジンかけるのめんどいので。

いっそう、このタイプの充電池にしてくれて、

①車内から取り外し可能

②取り外したら家庭用の電源で充電可能

てな感じにしてくれると嬉しいのになぁ。

絶対、売れる。

それにしても、いつもバッテリーあげちゃって、ごめんね。僕の車。。。(平謝り。)

追伸2:

たまたま、旅行に行った時、スマホの充電が切れかかって困りました。このジャンプスタータは、スマホとか、USBで充電するものにも使えるので、積んでおくと便利でした。ちょっと思い出して、スマホ充電したら、とってもつかえることに気づきました。ちょっと大きめの充電池だと思うと、やっぱり一つ車に積んでおくと便利だとおもいます。

スポンサーリンク

-商品レビュー, 季節もの

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.