映画 映画2017

映画の感想:”ザ・マミー”- たとえあなたが人であったとしても、悪の根源とだって戦えるよ。きっと。

投稿日:

原題:”mummy"

世の中には、悪い人もいるもんです。そんな中でも、ずーと辿っていくと、悪の親方みたいな人に出会います。私ごときが、そんな悪の親方と出会うとは思いませんが、いざ、出会ったら、一切逆らわず、絶対服従を誓ってしまいそうな気がします。本当の悪党って、やっぱ有無を言わせない迫力があるのではないでしょうか?戦っても負けるとわかっていては、戦う気も起こらないですね。

 

では、映画の感想です。

映画の感想

久しぶりのトムクルーズの映画です。個人的な感想ですが、トムクルーズの出演(主演)する映画って、いつもなんとなくあっさりしてる印象です。夏場には、食べやすい気もします。あっさりが、いいかどうかは好みの問題でもあるような気がします。

今回のテーマは、ズバリ、”悪の根源”です。古の悪魔が復活。(正確には、悪にその身を捧げた女王ですけど。)トムクルーズとその友達、これまた内容以上に軽い感じのもう一名が、うっかり(?)その女王を復活させてしまうという、なんともありがりな序盤です。

物語が始まれば、今回は、一直線です。圧倒的な映像(さぞ、お金かかったでしょう)によって、悪が恐るべき力を見せつけます。トム・クルーズが人間なのに、なぜそんな強大な悪の力に立ち向かえたのかは、映画を観て確認してください。

途中、なんと、ラッセル・クローが出てきます。出てきた時、さすがに、”うわぁ”ってなりました。重要な役柄ですが、何故か尻すぼみな感じのキャラで、そのあたりはちょっと残念でした。久しぶりに見ましたが、こういう映画にあまり合わない雰囲気なので、映画の中で、いいアクセントになってる気がしました。

 

やはり、この手の映画は映画館で迫力を楽しむのが良いと感じました。ストーリは、結構さらっとしてるので、視覚的に楽しむエンターテイメント作品だと思って鑑賞するのがいいような気がします。

 

ちなみに、トムの男の相棒役の立ち位置って、なんか古い映画のパターンのやつですよね。なんとなく懐かしい雰囲気でした。

 

ピックアップ アクタ/アクトレス

今回は、映画を盛り上げてくれる2人の女優さんを紹介です。私は、二人とも知らないようです。。。

 

アナベル・ウォーリス

トム・クルーズといえば、美しいヒロインが必要です。今回は、この女優さんが知性溢れる気の強い女性を演じています。ホラーで、たまにコミカルで、そして、時々シリアスという映画において、うまく存在感を発揮してくれる女優さんだったと思います。

ソフィア・ブテラ

不思議な魅力ですが、人々を軽く虐殺していく、悪に魂を売った女王アマネットを演じています。人間とは言いづらい役を表現力豊かに演じてくれています。でも、怖すぎです。。。

普通の姿が見てみたいものです。

 

この映画をオススメしたい方

  • やっぱり、映画は大作が好きっていう僕みたいな人
  • やっぱり、夏は稲川順二の怖い話が聞きたいていう人

映画観賞記録

2017年、映画館で観た映画: 29本目

個人的な評価: 7.2点/10点満点

今日のポップコーン: 直前のカレーで撃沈。全く何も食えん。

ひと言:映画館に財布を忘れて焦りまくりです。

 

posted by j138

スポンサーリンク

-映画, 映画2017

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.