映画 映画2015

映画の感想:黄金のアデーレ-人間のルーツを感じるものがたり

投稿日:2015年12月10日 更新日:

原題: Woman in Gold

相変わらず、予備知識0で行きました。

いつもの夕方の時間に行きましたが、7割がた埋まっていて驚きました。

そして、驚くことに開始、15分くらいで斜め前のおじさんが高いびきで寝始めました。

なんとまぁ。。。

と、それはさておき内容です。

アメリカ人の好む物語ってイメージです。(stereotypeですいません。)

キーワードは、人種差別、強い決断力、人のルーツです。

それって人間の本質みたいなとこだから、きっと、人の心を動かすのでしょう。

この映画で学ぶものは、ルーツへの尊厳と感謝です。この人間としての普遍的テーマを

扱うこの作品を見逃すわけにはいかないでしょう。なぜ、お客さんが多いのかが

わかりました。広告から受けるイメージとは違うかもしれません。

是非、たくさんの人に観てほしい作品です。

登場人物の行動に、賛同したり、しなかったり。そういうところがまた、本当のストーリー

を思わされます。彼らの様々な選択によっておこった物語です。

ああ、そうそう。寝てたおじさんですが、後ろのおじさん(つまり僕の隣)に、

胸あたりをバンバン叩かれて起こされてました。どっちもびっくりでした。。。

2015年に観た映画(映画館):15本目

★ 8.8/10

 

スポンサーリンク

-映画, 映画2015

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.