季節もの

パンフェス2017秋in横浜に行ってきた。 

投稿日:2017年9月28日 更新日:

パンのフェス、フェスのパンを食ってきましたー。

と唐突に軽いノリで行ってきました。たまには、パン食うぞー、って張り切って行きましたが、暑い。。。そう、とにかく暑いんです。

では、入場です。この写真のように、大盛況で、この地点でテンションが上がってきます。

こちらが、パンのフェスのHPです。

さて、入場と思ったら、すっかり疲れたという話

これが入場門です。いや、うそ。この右側に並ぶ入場門があります。ここが、すごく長い折り返しの通路になってました。(俗称:ドックラン)これをひたすら歩くんですが、人があまり混んでなくてもこのドックランは長いままのため、この日の暑さにすっかり参ってしまう人、続出でした。なかなかの不評で、ブツブツ、文句いってしまいました。周りの人もブツブツ行ってました。次回は、ぜひ、もう少し、短い距離で入場させていただくと嬉しいです。老体にはこたえまする。では、パンフェスの会場へ。

 

パンフェス会場内

こんな感じで、各店舗がテントでパンを販売しつつ、アピール。写真は、神奈川県パン共同連合会のテント前。他もパンの販売テントがズラーと並んでました。パンのフェスなので、パンを販売してるおとなしめのフェスでした。でも、残念ながら、パンを選ぶのに夢中で写真を撮り忘れました。ま、パンのこと以外はそれほど重要じゃないかなぁって感じです。人気店には結構な行列ができていました。フェスなので、たくさんのパン屋さんのパンを色々買えて嬉しい限りです。

 

実際に購入したパンたち

では、僕の買ったパンたちの紹介です。

その1:どこのぱんかわからないけど、ヨーグルト系のパン

 

暑い日は、こういうちょっと酸味のあるパンを食べたくなります。もちもちの柔らかい生地にほんのり酸味のヨーグルトが入ってます。うまいっす。

 

その2:AFFIDAMENTO BAGELのベーグル

 

 

 

ほんのりシナモンのベーグルです。普段、あんまりベーグルを食べませんが、こいつは美味しいです。もっちもちのしっとり。シナモン風味で、ちょっとパクつくには贅沢な味でした。美味しゅうございます。

 

その3:ルヴァン カシューナッツとドライチェリーのパン

 

 

このパン、一体いくらでしょう?

実は、900円

そんな高いパンを食べたことがないので、興味で買ってしまいました。多分、石臼挽き全粒粉だから高いんですよね。(あんまり、わかってない。。。)みっちりした食感に、ふんだんにドライフルーツがあしらわれています。なぜか、綺麗にカットして食べたほうが美味しいです。すっごいおいしーってはならなかったけど、あまり食べたことない感じで楽しかったです。ちなみに、焼いたらダメですね。。

 

こんなパンを食べる経験できるパンのフェス、行く機会があれば行ったほうが面白いですね。

主催サイドの誤算

ここまで、パンの紹介を色々したんですが、今年のパンのフェス2017横浜は波乱の日程でした。おそらく、少し涼しくなった季節に、のんびり美味しいパンを選ぶというのが、主催側の狙いだったのと思うのですが、今年のフェスは、なんと台風直撃。そして、台風が去ったフェス最終日は、真夏のような暑さ。外で、気持ちよくパンを食べるなんてのは妄想だったように感じます。外のフェスは、季候に左右されるので、なかなか難しいものがあります。

今年のパンのフェスは、

天候に恵まれなかった。

ということではなおでしょうか?このインパクトが強烈すぎましたね。

 

スポンサーリンク

-季節もの

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.