台北2017

男の一人旅:台北旅行2日目。 とりあえず、べたな観光をしてみた。

投稿日:2017年2月12日 更新日:

台北に着いた、次の日。

台湾に来たんだからべたな観光地には、行っておこうということ

で、台湾のべた観光へGo。

とりあえず、いけそうなとこ3箇所にいってみました。

ゆるーく紹介します。

台湾観光: 故宮博物館

一番最初に行ったのは、台湾の文化を知るため、故宮博物館。あまりに有名。

(ま、僕は、知らんかったけど・・・。)

ホテルから、タクシーだとすぐでした。電車の駅は遠いみたいなので、

タクシーでいくのが良さそうです。中山地区から、300元くらいだったと思います。

タクシーのおっちゃんと、かるくコミュニュケーション(当然、日本語)を取りながら

故宮博物館に到着。入場しよう。としましたが、システムがよくわからんので、ちょっと

手こずりました。

1.

まず、目についた、音声ガイドを借りに正面左のカウンターへ行きました。

(だって、一人だから、ないと寂しいじゃない。。。)

ガイド借りるとき、なぜか、パスポートを人質に取られます。

(お金でもいいみたい。)

# ちょっと、怖いシステム。でも、無事戻って来ましたのでご安心を。

2.

入場券売ってるとこが見当たらん。。。。

このまま、入場できるのかぁ?とおもって、入り口の係員に”チケットいるの?”ってきいたら、

”いるよ”って、正面、右側を指差す。”

(ああ、右側にあるのね・・・・。)

で、チケット買って、再度、突入。

3.

さっきの係員が、中国語で何やらいってくる。

さっぱりわからんので、日本語で、ぶつぶついってると、

”日本人か?荷物、持ち込めない。ロッカーに預けろ”的なことを言っている。

(まじか、展示品、盗まんように・・・?それとも、手ぶらでゆっくりみなさいってこと?)

また、右側に戻って、荷物預ける的な場所をみつけ、ロッカーに預ける。

(一回目で教えてよ・・・。)

と、以上、3ステップをこなし、やっと入場。

最初からちょっとおもいやられるなぁ・・・。

ガイドブックに3Fからいけと書いてあるので、

早速、3Fに行った。このフロアの真ん中ら辺に、かの有名な”白菜”があります。

白菜みたら、あとは、ぷらぷら。それにしてもここは、広〜い。ゆっくり見てたら

しんどいわ。ということで、写真だけ撮りまくっておしまいにした。

写真は、なにも書いてないところは、自由に撮れます。(おおらか。)

でも、撮影禁止って書いてるところでも、写真バシャバシャとってました。

(お、おおらか。汗)

で、最初に借りた、音声ガイドですが、ちと使いにくかったです。

聞きたいところがなかったり、急に、隣り合う作品でガイドが連続であったり

とちょっとムラがあって、途中から聞かずに、作品眺めるのに集中

してました。個人的には、要らんかったかも。

(慣れんことはせん方がいい。。。)

故宮博物館をでて、入り口まで歩いたら、タクシーが並んでるので、

先頭の方で、客をアレンジしてる人がいたので、声をかけて、次の目的地に移動。

故宮博物館外観:

この日は、結構寒かったので、あんまり、みんな外にいなかった。暖かいと気持ちよさそうな広さで、南国チックな建物が異国の地ということを想わせてくれます。

白菜:

これが、かの有名な白菜。

みんな思うらしいけど、おもったよりちいさーい。

チャーシューみたいなやつは、おらんなぁ。(おでかけ中みたい。)

台湾観光: 忠烈祠

2ヶ所目のスポットは、ここ。

衛兵交代式が有名なところです。

”ちなみに、行く前は、いつ始まるんだろなー?時間決まってるの?”

と思いましたが、奥の方のかっこいい建物みてたら、急に、表門の方が

ざわざわしてきて始まりました。”衛兵交代式”。

いやー、おもったよりかっこいい。

最初は、行進するだけで面白いの?

って思いましたが、見応えがある。

少なくとも、さっきの”白菜”より、、、おっと、失礼。

ちょっと、古い時代の軍隊みたいで、びっしっとしててかっこいい。

行進してる兵士の人たちもちゃんと、訓練してるような屈強な兵士のようです。

兵士の行進の周りを見学者が、ぞろぞろついて歩くって感じで、みんなで観光

してますってかんじです。

かっこいいので、ぜひ生でみるのがおすすめです。

奥にある、美しい建物。ちなみに、真ん中くらいに立ってる人形の兵士さん、本物なんですって。(知らんかった。。。)

てっきり、人形かと・・・。(マジか。)

こんな感じで、行進してて、周りに観光客がいる。写真取り放題。

ついでに、動画を一つ。実物をぜひ見てもらいたいもの。

で、ここの前に、一台しかいなかったタクシーで次の観光地へ行きました。

台湾観光: 孔子廟・保安宮

次は、孔子廟と保安宮に行きました。

こちらは、たてものがなんとも美しいので、写真で紹介。

孔子廟:学問の神様らしいです。建物が非常に美しい。お正月なので(?)、紙に、なにやら書いてもらってる人がいました。基本、空いてる感じです。

孔子廟のそばの池: のどかな感じなので、撮りました。

で、孔子廟の隣の保安宮へ。こっちは、もう、しっちゃか、めっちゃか。(多分、正月で、お祈りの人がすごい人。)

保安宮入り口:こちらも入り口から美しい。

保安宮内部:
中は、お祈りする人とお供え物がいっぱい。紛れてお祈りしときましたけど、お祈りの作法がわかんない。。。ま、いいか。

別角度からの写真:

こんな感じのとこに立ってる。目の前、普通に道路で、嘘みたいな光景。。。

これ以外の寺院も色々みましたが、

台北の寺院は、建物が非常に美しいです。

ここは、見終わったら、近くの”圓山駅”へ。歩いて行けます。

台湾観光: タクシーでの移動

 というわけで、平然と移動してるように書いて来ましたが、英語とかとちがって、中国語の発音で

行き先を伝えるのは、非常に困難。(たぶん。。。僕には無理。)

こんな紙を書いて、行けるか?聞いて移動してました。通じました。

ありがとう、タクシードライバーの皆さん。

最初、タクシーの乗り方ってどうするのか?わからず、色々しらべて、この方法がベストと思い、実践

してみました。

 

特に、はじめて一人で旅行する方のために。

[故宮博物館]
  • 故宮博物館は、正面、右側で入場券買って、手荷物はロッカーに預ける。
  • 中でも写真は撮れるので、カメラは持って入る。
[忠烈祠]
  • 衛兵交代は、始まれば、正面門あたりがにぎやかになるので、ダッシュで見に行く。
  • 思いの外、感動ものなので、ぜひみにいこう。
[孔子廟・保安宮]
  • 建物が、本当に美しいので、建物を堪能する。
  • 神にお祈りを。(pray to God)
  • 普通の道路のそばに立ってるので、移動には気をつける.
[タクシー]
  • 紙に、目的地を書いて伝えるのが無難。

それでは、次は、3日目。

だんだん、ディープ台湾に向かいます。(多分。)

Posted by j138

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

台北旅行(2017)

スポンサーリンク

-台北2017,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.