台北2017

男の一人旅:台北旅行3日目その1。 今日は、前半、淡水をぷらぷら。実は、アートな街。

投稿日:2017年2月12日 更新日:

台北の最低限の観光を終えたので、この次は、リラクゼーションです。

今回の旅の目的でもある、北投温泉にいきました。

"海外でも温泉かい!”と突っ込まれますが、そうです、海外でも温泉です。

いえ、海外だからこそ温泉です。

その前に、北の方ということで、淡水まで足を伸ばしました。

電車で簡単にいけるし、結構面白い街なので、ちょっと、写真で紹介しようと思います。

台湾観光: 淡水

北投温泉に行く前に、ちょっくら、海を観に行こうと、電車で、淡水にいきました。

あんまり知りませんでしたが、ここって観光スポットなんですねぇ。

午前中に行ったのに、あれよあれよとすごい人です。夕日がきれいなところらしいので、

午前中は空いてると思いましたが、すごい人でした。旧正月だからか、

日本人はほぼ見かけませんが、ここはなぜか?韓国の人がいっぱいいました。(たぶん。)

淡水駅:

すでに、この時点で、美しい駅で、ただものでない佇まい。天気が、どんよりしてますねぇ。。

金色水岸:

晴れていれば、気持ち良さそう。海岸をずーと歩いていける。着いた時は、人がまばらでしたが、お昼頃には、すごい観光客が。

金色水岸側からの市街地景色:

ここって、すごい数の屋台がずらーーーーって出てます。買い食いとかするってのも楽しいです。見えるかなぁ?屋台がいっぱいなんですけど。晴れてれば、楽しいでしょうね。

臭豆腐:

うわさの台湾のソウルフード臭豆腐を食する。衣がついてあげてある。

揚げ出し豆腐状態で、二つにわって、野菜とたれがトッピングされている。

寒い季節に売れそうです。

うまいか、どうか・・?

ま、経験しておくのもいいのかも。匂いは、許容範囲です。

周りは、揚げ物とか海の幸とか、色々屋台があるので、他のものを頼んでもいいのかもって感じです。

淡水のカフェ:

屋台もいっぱいなんですけど、近代的なカフェもちょいちょいあります。

地元カフェで、黒ウーロン茶をいただきました。

結構いい値段でしたが、さすが本場って感じです。

まったりできます。

スタバもあったような気がします。

淡水は、街並みも見所がたくさん。

海岸をてくてく歩いて行くと、駅から随分離れてしまいました。

帰りも同じ道を帰っても想像できる景色ですので、

一本陸地側の道を帰りました。

実は、こっち側も人がいっぱい。

普通に歩くだけで楽しいので、ぜひ散策してください。

ちょっと、紹介。

変なおっさんの像:

何かは、わからんけど、へんなおじさんの像がありました。

特に調べてないけど、有名な人物なのだろうか?まあいいっか。

アートな街並み:

なぜ、アートな街並みなんだろう?街を歩くだけで楽しいです。

通り沿いから見える景色:

ちょっと、見えたので、ぷらぷら上がっていきました。

陸地の小径から:

さっきの通りを上がったところからの景色です。

特に、はじめて一人で旅行する方のために。

[淡水]

・淡水は、夕日だけじゃなく、いろいろ楽しめる街です。

・屋台で買い食いが楽しいです。

・みて楽しめるところが多いので、散策してほしいです。

特に、海岸だけでなく、街中を歩くと、いつもと違う景色がみれて楽しいです。

写真を載せてませんが、古いお寺みたいな建物もあって、ミックスされる感じ

が面白いです。

淡水が思いの他長くなってしまったので、北投温泉は、次でご紹介します。

Posted by j138

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

台北旅行(2017)

スポンサーリンク

-台北2017,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.