スイス・スペイン(2019) 一人旅

バルセロナのロープウェイ、歴史あるTeleférico del Puertoに乗る価値があるのか?

投稿日:2019年12月15日 更新日:

Teleferico del Puerto 基本情報

1931年に造られた、非常に歴史あるロープウェイで、バルセロナ 市民に愛されている存在です。バルセロナ 市内のいろんな場所から見ることができます。

バルセロナのロープウェイ(Teleferico del Puerto)

バルセロナ港のケーブルカーは、バルセロナ港とモンジュイック山をつなぐ観光客の自然の輸送手段です。建築家のCarlesBuïgasの仕事であり、1931年にオープンしました。

wikipedia:翻訳:google

基本情報は、以下の通り、海側の停留所とモンジュイックの丘を結ぶ全長1,303mです。停留場が3となっているのでJaumeIも停留所とwikiに書かれていますけど、私が乗った時には止まらなかったので、海と丘を結ぶロープウェイと思っておいた方がいいような気がします。

値段も片道11ユーロでこの距離なので、安いですね。

長さ1,303m
標高46m
速度3m/s
料金片道:11ユーロ(約1,300円)往復:16.5ユーロ(約2,000円)

場所

乗り場は、以下の場所です。

降り場はここ

googoleマップで、ロープウェイの経路はでないようです。上の赤いところから下の赤いところまでいきます。

海岸側から海を越えてモンジュイックの丘につきます。

私は、この経路で乗りましたが、当然、逆向きにも運転されています。標高は、46mとあるのでそんなに高くないですが、海から丘へは緩やかな上りです。

スポンサーリンク

乗り方

海側の乗り場は、”Transbordador Aeri del Port”というころで、市街地からは少し離れています。

私は、乗り場までタクシーに乗りました。結構側にいたので、あまり料金がかからなかったですが、場所が不便なので、タクシーをうまく使ってください。

で、乗り場に着いたら、まず、列に並びます。列が並んでる先は、チケット売り場に続いています。そのチケット売り場に到着したら、チケットを購入します。

普通にチケットを買うと、片道分が購入できます。往復買いたい時は、往復チケットを買ってください。往復は、リターンチケットって言います。スペインで買う時は。この言い方みたいです。空港のバスもこの言い方でしたから。

で、チケットを買うとまた、列が続いて、しばらく進むと今度はエレベータで上に上がります。乗り場は、この鉄塔の上にあります。

簡単に書くとこんな感じ:

☆列に並ぶ

チケット買う

☆列に並ぶ

エレベータで上に上がる

☆列に並ぶ

ロープウェイに乗る
*えらい並びます

下から撮ると結構ごついです。

で、上に上がるとこんな感じになってます。結構、上からスタートします。

乗ってみた感想

怖くないの?

私は、結構な高所恐怖症で、ロープウェイとかも苦手です。揺れたりすると怖いんですよね。

で、このロープウェイが怖いかというと、たいして怖くないでした。

ロープウェイって怖い人は揺れる時が怖いのですが、このロープウェイ、あんまり揺れないです。

途中の支柱とかを超えるとかに揺れやすいのですが、このロープウェイは、そういう時もあんまり揺れません。結構大きいのですよね。途中でワールドトレードセンター付近の塔を通過するのですが(停留所ぽいところ?)、ここでさえ、ほとんど揺れません。

多分、乗ってるとこの箱の部分が大きいので安定してるんだと思います。海外のロープウェイとか怖いなぁと思っていましたが、せっかくの記念なんで乗ってよかったです。

怖かったら嫌だなと思っていましたが、その点は大丈夫だと思います。もし、これに乗って怖いと思う人は、そもそもロープウェイに乗ろうとしない人だと思います。

スポンサーリンク

景色はどう?

肝心な景色はどうだったかというと、これは微妙です。

なぜかというと、定員いっぱい乗るので、自由に見れないです。私は、今まで巡った街の景色も見たかったのですが、乗ったのが海側で、海ばっか見る羽目に、これは、例外なく全員動けない感じでした。

街に飽きてきてたので、海側はいいのですが、待ってる間に、ずっと海側見てたので、微妙な気がしただけかもしれません。海側っていってもあんまり特別な感じはしなかったんですよね?

もし、見たいサイドが決まっていれば、乗り込む時に位置どりをうまくやってください。混んでて、最後に乗り込む順番が来たら、選ぶの厳しいかもです。

乗った時は写真を撮らなかったので、駅で待ってる時に撮った写真を乗せておきます。

ちょっと陸側。天気がもう少し良いと気持ちよさそうだったのですが。。

ちょっと海側

乗った感想は、これくらいです。

あれ?思ったほど感動なかったかも・・・。って感じでした。

天気が良くて、人が少なけれ最高な気がしますけどね。

混んでるか?

最初、ここをスケジュールに組み込む時に考えたのが、待ち時間長いの?ってこと。

今後のスケジュールに影響するため、ここを抜こうかどうか?最後まで悩みました。正直な感想。

で、どれくらい待つかというと、下に並んで、実際乗り込むまで、1時間かからないくらいでした。

実際いったのは、9月24日の夕方4時すぎくらいです。

ネットの情報では、観光ピークシーズンの夏場はもっと混むぽいので、リサーチは念入りにしておいてください。観光での待ち時間は思ったよりダメージくらいますもんね。

海外の混んでるは、日本人にとってそこそこってことがよくありますが、バルセロナは、全般的に、そんな日本人の私が行っても、

混んでる。。。

ですので、注意してください。

まとめ

バルセロナの伝統的ロープウェイ、”Transbordador Aeri del Port”を訪れてきましたので、そのレポートをします。

私も行くまで迷っていました。

正直な感想は、直感的に行きたい!と思う人以外は、違う候補地に行った方がいいかもしれません。

または、

いい天気で、もう街の風景も飽きたって人は行っても楽しめると思います。

何かの参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-スイス・スペイン(2019), 一人旅,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.