クライストチャーチ2019

クライストチャーチの地震を学べるクエイクシティと他観光

投稿日:2019年3月18日 更新日:

さて、前回は、カンタベリー博物館、ボタニックガーデンの記事を書きましたが、今回はその続きとして、クエイクシティブリッジオブリメンバランスカードボードカセドラルの記事を書きたいと思います。

アートセンター前からクエイクシティへ移動

市内観光も書いてみると結構色々あるみたいですね。この日は、さて、今度は、クエイクシティに行ってみたいと思います。もう一度、トラムに乗車して、、、とさっきのバス停で待っていました。数分でトラムがきました。

default/02-orange.png
j138
あれ? 人多くない??

おやおや、いつの間にこんな乗ってるの?満員やん。朝、すかすかやったのに。。

昼過ぎのトラムは満員・・・。(汗;

という訳で、もはやのんびり観光という話ではなく。ただの混んでる電車みたいな感じで、全く楽しくなくなってしまいました・・・。一人で、この満員トラムは厳しいでしょ。

そうこうしてるうちに”クエイクシティ”に到着しました。さらばだ、トラム。
クエイクシティは、ビルにあります。思ったよりモダンな外装なので、普通のビルと間違えないようにしましょう。

クエイクシティ(普通のビルみたいな入口ですねぇ)

中に入るとすぐに受付けがあります。大人一人$20です。高いです。おそらく、寄付的な意味あいもあるんだと思ういます。寄付のつもりで払いましょう。(僕は、寄付の気持ちだったので、よくわからないですがなんとなく現金で払いました。受付でお金を払うと、2回の大きな地震の説明を簡単にしてくれます。くらい顔しかできない話ですけどね。
中は、それほど広くないので、1時間も必要ないくらいでした。地震の記録や、地震で壊れたもの、現地の方のインタビューなどがあります。インタビューのところは結構な人が一生懸命聞いてました。(僕は、言葉がイマイチわからんのでちらっと聞いて退散。それでも、当時のニュースとか見てると、まさにこの場所があれほどのダメージを受けたのかと思うと複雑な気持ちになります。美しい街が残念なことです。

当時のニュース:ビルの壊れ方とかえぐいです


当時の地震でダメージを負ったものも展示されてます

街中は、まだ修復途上であることをずっとみてたので、本当に地震の影響が大きかったのを肌で感じることができました。日本も大きな地震が多いので、共感できることも多いですね。

最初、受付の人に、”どっからきたの?”って聞かれて、”日本”って答えたら、受付の方が”え?”ってなっていました、なんとなく日本人はあんま行かないとこなのかなぁ?と思いました。実際、中でも日本人は一人も見なかったですね。(アジア系の人も全くいませんでした。)たまたま、ですかねぇ?

ブリッジオブリメンバランス

昼も過ぎた、トラムは満員、天気はいい。ということで、どっかでランチをしようと街中をプラプラ。解放的なカフェで、、と思いましたが、結局、エイヴォン川を下って、ブリッジオブリメンバランスを観に行くことにしました。
朝のトラムでもこの橋はかすめるんですが、トラムからだと、ちょっとみづらいです。マップの④のあたりで、運転手さんが教えてくれるんだけど、すぐにトラムの後ろに見える感じになるのでゆっくり見れないです。なので、歩いてもう一度みにいったんです。

Bridge of remembrance:
これまた、街のど真ん中に大きなものがあるです

悲惨な戦争を忘れないための象徴的な橋だそうですが、みた感じも堂々としてかっこいいです。普通に街の橋なので、通行も普通(当たり前)。ま、みたら終わりなんで、あと、計画の中で行けてない、カードボードカセドラルに行くことに。今度も歩いていきますよ。

カードボード・カセドラル

今度は、中心地からちょっと外れたところにあるので、直接トラムでも行くことができませんが、少し歩けば到着します。僕は、ブリッジオブリメンバランスから歩いたので、まぁまぁ距離があった気がしますが、1kmくらいなので、てくてく歩けばすぐついちゃいますね。10分ちょいですかね?僕は、朝から色々巡っていたので、このへんで、ちょっと疲れ始めたなぁ・・・。ってなりました。でも、幸い天気も良く清々しいのと、街の東側は初めて行くので周りの風景を楽しみながら行きました。中心に比べるとこっちの方は地味な感じですし、車の交通量は多いです。それでも、公園もあって緑も多い感じで気持ちいいです。

と、周りの景色に気をとられているうちに到着しました。カードボードカセドラルです。思ったより、交通量の多い区画の角にあります。まだ、市の中心地の方が落ち着いてる感じなんです。ま、ここはイメージ通り、人が少なかったです。

カードボードカセドラル:姿がすでに美しい
どの辺が、段ボール?

外観を見るだけかな?と思ったら中にも入れたので、ちょっとお邪魔しました。
なんでしょ、想像以上に美しい内装で雰囲気も良かったです。神との距離を近く感じられます。ちょっと、写真では伝わりにくいですが、一歩入ったところからすでに、神聖な領域な雰囲気が伝わってきます。後ろの方にはローソク立てるところがあるので、募金をしてお祈りしておきました。

カードボードカセドラルの内部:神聖な場所の雰囲気を持っています。

結構歩きまわったので、ここに来るかはちょっと迷ったですが、荘厳な雰囲気を味わえ、来て良かったと思いました。心の汚れが浄化されるかもしれませんね。

と、市内観光としてまわったところはここが最後となりました。途中、パンティングの話をスキップしたので、次回はその記事をお届けします。
僕は、途中、カジノだけ見忘れましたが、クライストチャーチに5日も泊まって、この日しか市内を歩けるスケジュールがないという妙なスケジュールになったため、ちょっと外れにあるカジノには行きませんでした。ちょっとくらい旅費を稼ごうと思っていたのですが残念です。(強気)
その代わりと言ってはなんですが、残りの行こうと思ってたところは、全部行くことができました。

もっと、いっぱい写真載せたいですが、実際行く方々のため、かなりセーブしています。ぜひ、実際に行ってみて美しい街並みを実感してください。

この記事のポイント

  • 昼過ぎのトラムはちょー満員
  • 市内は、コンパクトなので、歩いて巡っても疲れるというほどでもない。行く場所によりますが
  • クエイクシティの外観は普通のビル
  • ブリッジオブリメンバランスは、トラムからだとがっつり見れないので降りて見学するのがオススメ
  • カードボードカセドラルは、結構交通量が多いところに建っているので車に気をつけましょう
  • 市内観光は、見るだけなら半日あれば回れる(多分)

スポンサーリンク

-クライストチャーチ2019,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.