映画 映画2017

映画の感想:”ブレードランナー2049”-懐かしさは次元を見事に超えた

投稿日:2017年11月4日 更新日:

1982年伝説のSFが上映された。誰もが知るリドリー・スコット監督、ハリソン・フォード主演”ブレード・ランナー”だ。当たり前だ。あのクールな世界観に、ニヒルなデッカードの組み合わせが、シュールな物語を織り成す至極の映像であった。当時の人は、みんな驚いたことだろ。僕も当時は子供すぎてさすがにどんな状況かわからないが、その後のTV番組で何度か観たことがある。本当にクールな映画だった。物語も善と悪のわかりやすい戦いではなく、もっと違う次元の人間の”生”をやりとりした未来をしっとりと描いたあの物語に心が動かされた。

おっと、おじさんの昔ばなしが長くなってしまいました。では、映画の感想です。

(て、これからかい!と聞こえてきましたが・・・。)

原題:”BLADE RUNNER 2049

映画の感想

ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督、ライアン・ゴズリング主演”ブレードランナー2049"観てきました。なんか、いい評判を聞かなかった気がしてたんですが良かったです。前作をしっかりオマジュしています。しかも単に猿真似ではなく、その時代背景が未来であることを表現しています。前回の人間vsレプリカントだったものがもっと曖昧なものになっていて、いい感じに溶けあった雰囲気を出してくれています。初代の”ブレードランナー”からの時代の流れをしっかり感じさせてくれているのが嬉しい限りです。未来の描き方も洗練されていて、その世界感も良かったと想います。

それほど、映画の中の進歩のように、映画作りのテクノロジ自体も上がっているのを感じました。

デッカードも健在と言えるかどうか?わかりませんが、想像よりしっかりと登場してくれたので、懐かしいとともに、あの役のまま年老いてくれたことがうれしかったりもしました。やっぱり、デッカードは、デッカードって感じです。

ノスタルジックな展開や、世界感の話ばかりですが、物語も起承転結があって面白かったです。特に、あの”転”の部分は、良かったですね。それまでの行動を観客の想像で補完させておいて、ぱちっと切り替えられる展開は、好みの人も多いのではないでしょうか?

単なる続編というだけでなく、オリジナルの未来と、さらにはその未来まで感じさせてくれる良い作品でした。

評判、いまいちってのは、マスコミの煽り記事?なんでしょうか・・・?

 

ピックアップ アクタ/アクトレス

ライアンゴズリング

いわずとしれた主人公です。クールなキャラですが、冷静にみれば、あの彼女とは、少々痛いきがしてならない。クールな男を見事に演じてます。

アナ・デ・アルマス

主人公の恋人です。とにかく、かわいいです。性格もまっすぐで申し分ないです。(当たり前か?)キューバのかたなんですね。

 

この映画をオススメしたい方

  • 当然、オリジナルを観た世代のおじさん
  • クールな映画が好きな若者

 

映画観賞記録

2017年、映画館で観た映画: 42本目

個人的な評価: 8.7点/10点満点

今日のポップコーン: ダイエット中

ひと言:ハリソン君、あなた、まだ、そんなに動けるの・・・?

おまけ

おまけ1 :だそうです。

おまけ2 :なるほど

おまけ3    :オールドファン向け映像

 

2017年映画館で観た映画ランキング

スポンサーリンク

-映画, 映画2017

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.