映画 映画2017

映画の感想:”ゴールド -金塊の行方”- 男なら夢に生きろ。金なんて要らない。

投稿日:2017年6月25日 更新日:

原題: "gold"

 

何かに呼ばれて、何処かに行ったことがあるか?その問いかけに迷わず、Yesと答えられる人はとても少ないと思う。もし、自分に夢があって、その夢を果たすために、どうしてもその場所に行く必要があるなら、お金がなくても絶対駆けつける。男なら、そんな心を大切に、そしていくら歳を重ねても、その情熱が冷めることのない人生を歩みたいものです。

最近、何気に男っぽい映画を連続して観てる気がしますね。

では、感想です。

映画の感想

まだ、観てない方は、映画館に行ってからこの感想を読んでください。

そして、なるべくこの映画の情報を入れないことをおすすめします。

実話に基づく話だそうです。でも、ちょっと、実話に忠実なようではないように思います。何気に素晴らしい脚本です。主人公のざっくりした性格とは裏腹に丁寧に描かれています。すごくいいです。2転、3転したあとに、急にオシャレな感じになったり。センスのいい映画だと思います。べたな展開もあり、この構成はなんとも気持ちいいような、気分が悪いような進行ですが、総じていうととなぜか素晴らしい。

この映画の一つの魅力は、マシュー・マコノヒー演じる男のまっすぐで熱い想いです。あれほど情熱を捧げるものがあるなんて、なんて素敵なんだろうと感じてしまいます。あんなに、酒飲みでヘビースモーカーなのに、何故か、友情には厚い。あの状況でも、何事も信じようとする姿勢は、純粋すぎます。彼は、信じることに対しても情熱を傾けてるわけですから、なんて熱い男なんだろうと感心する外ありません。

同時に、やっぱこの主人公は嫌いになれんわ。

*なぜこんな言い回しかは、ぜひ、劇場で。

とそんな気持ちにさせてくれます。多分、観てる人は、羨ましいんだと思います。彼にとって、夢は、お金以上に大切なもので、その夢に向かわないなら人生が無意味だと本気で思ってるところ、そういうところに憧れるんだと思います。この世の中で彼のように生きられる人は本当に一握りだと思います。そのほんの一握りのうちの人が、生きているうちに偉業を達成する人にちがいないです。当然、失敗して全てを失う人も多いと思いますけど、それも人生でしょう。簡単にいえるけど、こんな風には生きられんです。

確かに、映像に派手さはないですが、パッションに溢れたこの作品。男なら、感じることも多いことでしょう。彼の人生自体に、金塊以上の価値があるのかもしれません。

一人でも多くの人に見て欲しい作品です。

 

ピックアップ アクタ/アクトレス

マシュー・マコノヒー

今更、話すこともないですが、超ストイックな役者さんです。”ダラス・バイヤーズクラブ”で減量しすぎで、その後、体調を崩したという記事を読んだように思うのですが、今回はなんと!デブでハゲでヘビースモーカという役柄です。画像はこちら。今回も徹底した役作りで、我々を楽しませてくれます。この役作りには本当に頭が下がります。素晴らしいです。

それにしても、男前は、ここまでしても何故かっこいいのか・・・?

エドガー・ラミレス

どこの人?と思いましたが、ベネゼエラの方のようです。見た目は、男前でインテリ風ですので、表面上の雰囲気がこの映画の役柄にマッチしてよかったです。謎の雰囲気を纏っている感と、心を開いてない感がなんとも良かったです。

この映画をオススメしたい方

  • すべての男

 

映画観賞記録

2017年、映画館で観た映画: 25本目

個人的な評価: 9.1点/10点満点

今日のポップコーン: キャラメルのS(物足らん。)

ひと言:火曜日っていうのに、結構、お客さんいるのね。

2017年の個人的な映画ランキング

2017年映画館で観た映画ランキング

 

 

おまけ1:

観る前に読んじゃダメです。

この事件のことのようです。結構、最近のはなしなんですね。観終わってから読むと面白いですね。

言いたいことが多いけど、ネタバレしすぎるので。

 

おまけ2: IGGY POP "Gold"

おまけ3: これが金塊

金塊

ちなみに、これが12億円の金塊です。 by 土肥金山

 

 

posted by j138

スポンサーリンク

-映画, 映画2017

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.