健康

股にできたあせもが長いあいだ治らなかったけど、原因が判明:その治療法と経過

投稿日:2019年8月11日 更新日:

自分の体がいつもと違う状態になったとき、どうしますか?

お医者さんに行く、Webで調べる、周りの人に聞く、くらいでしょうか?

それでも、原因が判明しないと少し心配になります。

私が、不安であった症状の原因が判明したので記事にします。

同じような症状に悩まされる人には役立つかもしれません。

症状(ある夏の日)

それは、2年前の夏になる前です。なんだか、左の内股が痒くなってしまいました。

おはずかしい。

汗疹(あせも)かな?って思ったのですが、まだ、なつになっていないし、あまり汗をかく体質でないので、なんだか変だな。って思っていました。

あせもなんて、小学生以降なった記憶なんてないですし。

赤みは大したことなかったので、家にあった軟膏塗ってなした。

でも、なんかずっとかゆいし、なかなか治らないのですよね。

薬を塗ると多少症状が緩和される気がしてました。

しかし、一月くらいたっても治っていかないので、病院に行きました。

webで調べたけど、見当違いのキーワードだったのか、いまいちわからなかったです。

症状はこんな感じ(気分の良い写真ではないです。見る方は、自己責任でお願いします。)

スポンサーリンク

診察(1回目)

こう痒くては、QOLにも影響を及ぼしてきます。

しょうがないので、近所の病院に行きました。

この時、全てが解決すると思っていました。。。

病院にいった、あとはこんなやりとりです。

皮膚科の先生
今日はどうしました?
J
股が痒くて。。。
皮膚科の先生
ちょっとみせてください

ズボンを脱いで見せる。。。

皮膚科の先生
あんまり大したことないですね。ちょっと皮膚をとりますね。

皮膚をかりかりとられる。あんま、皮膚とれないので擦ってとってくれました。
(痒くなるやん。。。)

皮膚科の先生
待合室で少し待っておいてください。培養してチェックします。
J
はーい。

5分〜10分(うろおぼえ)

皮膚科の先生
お待たせしました。結果出ました。中に入ってください。

また、診察室に入る。

皮膚科の先生
うーん、なんもないですね。持ってる軟膏塗っておいてください。(あっさり)
J
え? そ、そうなんですか・・・?

すごすご退室。。。

J
いや、これでわかると思ったのに・・。

このあとの経過(1.5年)

これから、この症状は、1.5年続きます。
こんな感じのまま(これも自己責任でみてください。)

医者に行っても同じことを言われるだけだと思ったので、病院に行くことななかったです。

色々、薬を使ったのですが、どれもあまり効かず。。。
(効かない理由はあとでわかります。)

とりあえず、かゆみを抑えるため、アセモパウダー(大)を使ってました。

これ、いいんですよね。直接皮膚に触れないので、使った時にかゆみが来ないんです。

本当の汗疹(あせも)になったら、これ使おうと思いました。

でも、今回の症状、汗疹(あせも)じゃなかったんです。

スポンサーリンク

薬を変えたら症状が悪化

このあせもパウダーを使い続けて一年くらい経ったのですが、なんだか、こんなに治らないのも変だなと思い出しました。ずっと痒いし。

もう病院は、行ったし・・・。

そこで、薬を変えることにしました。

これまで、薬は、ステロイドを使っていないものを選んで色々試していたのですが、ここはすっぱり治すぞって。(今頃)

で、ステロイド入りの薬を試しました。

なんと、、

症状が悪化しました。こんな感じ(こちらも閲覧は自己責任で)

薬塗った外周が赤くただれた感じになりました。

こりゃ、いかん。病院いこ。

診察(2回目)、原因が判明

今度は違う病院に行きました。今回も会話風で。

違う皮膚科の先生
今日はどうしました?
J
股のところに汗疹ができたんですが、薬塗ったら症状が悪化してしまって。一年以上前に病院にも行ったんですが原因不明っていわれて・・・。
違う皮膚科の先生
どういう薬ぬりました?覚えていますか?
J
これです。

(持ってきていた薬を渡しました。)

違う皮膚科の先生
なるほど・・・。じゃ、みますので患部見せてもらえますか?

(ズボン脱いで見せる)

違う皮膚科の先生
ああ、なるほど。皮膚を採取しますね。ちょっと調べるので、待合室に戻って待っていてください。
J
前と全く同じパターンだな。なんかわかればいいけど。
違う皮膚科の先生
わかったので、もう一度入ってください。説明します。
J
わかったっていった?
違う皮膚科の先生
原因は、水虫です。インキンタムシっていうやつです。水虫は、ステロイドの薬使うと活性化して、このように赤くなるんです。水虫用の薬塗れば、1週間くらいで治ると思います。
J
い、1週間ですか・・・?わかりましたありがとうございます。

原因判明と処置

インキンタムシだったのです。

そして、処方された塗り薬はこれ。

ケトコンゾールクリーム ニゾラールクリーム2%

その後、1週間塗り続けたら、大体、治りました。

今はもう少し時間が経ちましたが、もう見た目、罹患してたことすらわからないです。

なんてことでしょう。。。病院も行って、一年半も我慢して、1週間で治るなんて・・・。

ほんとびっくりです。

今回の教訓(まとめ)

今回の経験は、本当にびっくりしました。ちょっと教訓的にまとめたいと思います。

  • 体の変調に気づいたらすぐ病院に行きましょう
  • 病院で原因がわからない場合、セカンドオピニオンを聞きに違う病院に行きましょう
  • 体の不調は治らないと思わないでおきましょう

というわけで、もし同じ症状の方がいたら、病院に行くことをおすすめします。

おだいじに。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

陰部が蒸れる男の強い味方を紹介 陰嚢分離型という選択、ますます暑くなる夏を乗り切るんだ!

陰嚢分離型パンツが好きすぎるので全部変えた

スポンサーリンク

-健康

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.