台北2017

台北の占いはよく当たる!行天宮と占い横丁。呉蕙珍先生の占いはまじですごい

投稿日:2017年3月4日 更新日:

さて、お土産ものも買って、ホテルに帰ると、まだ、三時すぎでした。

やっぱ、移動時間が短いから思ったより時間がたってない。

じゃ、ホテルのサウナで一汗。。。

て、悠長なことは、しなーい。

一人旅で、すごく貧乏症になったのか、台北が僕をそうさせているか?

わかりませんが、次いこ、次。

うーん、もう、大体やりたいことやったしなぁ。

ここで、やっと、ガイドブックをパラパラ。

パラパラ。

パラッ。

うん、台湾占い?

でも、おじさんさんだし、やったことないし・・・。

ま、面白そうだから、経験として行ってみるか?

(最後まで、変な好奇心が旺盛でした。)

調べると、ホテルのそばに、台湾占いの館”龍の羽”

というのがある。ここでいいか?

実は、この店の前まで行ったんですが、ちょっとした事情が

あって、行き先を本場の”占い横丁”へ変更しました。

そんな事情もあるさ。運命ってやつさということで。

台湾占いの館”柳の羽”

右の奥の方のオレンジの看板のとこです。

事情があって、近くの写真は撮れず。

で、ここには行かず、行天宮へ行きました。

まずは、行天宮でこの旅の感謝を神に報告

行天宮:

何度見ても台湾のお寺は美しい。一体、この旅で何度見ただろうか?

夕方になっているので、明かりがついててさらにいい雰囲気。

いつもどおり、現地人のふりして、内部に移動。

行天宮内部:

なにやらたくさんの人がお祈りして入る。

膝まずく用のクッションみたいなところがあって、

そこで、みんなお祈りしている。僕も見様見真似でお祈り。

神様、素敵な台北旅行をありがとう。

真似してお祈りをしていると、前の方で、たくさんの人が

なんか転がしている。なんだろう?

ここで、また例のガイドブック(どんだけ推すねん。)

”ふむふむ、こうすんのか?”

表と裏って、どっちがどっち?って感じですが、

これもお祈りと同じように見よう見まねです。

台湾のおみくじ:

”えい!”と何回も転がす。なかなか出なくって疲れました。

”えい!”、”えい!”根気強く、願い事を思い浮かべながら。。。

やり方は、どっか、別で調べてください。(あってるかわからんから。)

2つのパーツ(?)を床に転がしてその状態で占う。

写真は、裏と表の場合です。よく見ると、形が違う。

無事、願いが成就するお告げをいただいたので、

今度は、目的の台湾占いに行きました。

台湾の占い横丁

ガイドブックに紹介されるほど、有名なはずの台湾の

占い横丁。ちょっと、日本では考えられない雰囲気

の場所にあります。

占い横丁入り口:

え?ここを降りてくの?ただの地下通路じゃないの??

おにいさんふつうにのぼってくんで?

ま、来たんだから降りるしかない。

てくてく下る。

占い横丁:

いやいや、予想通りの場所なんですけど・・・。

これって、普通?

まじか、台北。奥深い。

・・・?

というわけで、こんな感じです。

ま、場所は、別に占いの当たる当たらないとは無関係ですのでいいか。

この日は、旧正月の休み明けだからか、時間が夕方の時間帯だからか、

結構、閉まってるところが多かったです。

地下道は、H型になっていてこういう占いのお店が出てる列が2列

あります。

Hの縦棒のところに店があって、横棒のところが通路です。

わかるかなぁ?

とりあえず、ぷらぷら一通り歩きました。

そんな中で、眼光するどくこちらをみている占い師の方が一人。

(眼光は気のせいか?)

どっかのウェブで見た情報には、占い師の方は、

”直感”で選べ!

って書いてあったので、自分の運命を鑑てもらう人を勘で選びました。

あ、一応、”日本語話せますか?”っては聞きました。

言葉わからんと、何占ってもらったよくわからんですもんね。

呉蕙珍先生

呉蕙珍先生:

この先生に占ってもらいました。

先生は、娘さんも占い師というベテランさん。

占い師の先生もやってるらしいです。

四柱推命と面相(こっちはサービス。)で、1,000元(4,000円)とリーズナブル。

さて、席に座って、名前と生年月日、生まれた時間を書くように

言われます。生まれた時間は、わからんので空欄で、

占いスタート。特に何も言わずに、さらさら、漢字を書きながら、

この年は、だめだとか、この年はいいとか教えてくれます。

いいことは、赤で、悪いことは緑で

書いてくれるのでわかりやすいです。

会話は、こんな感じ。(雰囲気だけですけど。。。)

呉せんせい
"2017年は良くないです。対立します。 
j138
がーん
呉せんせい
" 57さいくらいから調子よくなって、老後は安泰です。
j138
いやいや、遅くない・・・・?
呉せんせい
自信ない。。。 
j138
ぼそっと、いわないでよ。あったてるかもしれんけど。。。
j138
直したほうがいいですか?
呉せんせい
いえ、直すとかそういうものではなくて、そういう星もとに生まれています。ということです。 
j138
がーん。

星のもとって・・・。"

とまぁ、こんな感じです。

ぼそっと、ときどき焦ること言われました。

結構、当たってるかもと思いました。何かそう言われると

言われたことに具体的な物事を当てはめて、納得したりする

ようなところもあります。(← 信じやすい。)

そういう星の元に生まれてるから、運命には逆らえないのね・・・。

まぁ、色々、面白い体験になりました。占い自体初めてでしたが、

初めての占いが台北ってのも楽しいものです。

さて、行天宮の帰りも軽く道に迷い、また、道を尋ねて帰りました。

駅って漢字が、”車站”ってのになれずに行きすぎてました。(学習能力が低い。。。)

あー、楽しかった。

これで、観光としていきたいところはぜーんぶいきました。

なぜ『リボーンプログラム』は、女子一人旅の参加が92%を占めるのか?

特に、はじめて一人で旅行する方のために。

  • 行天宮は、一人で行っても気軽にお祈りできるので、ぜひ、神に祈ってきてください。
  • おみくじは、やり方を事前に調べておいた方がいいです。
  • 台湾の占い横丁は、かなり日本語が通じるところが多いです。ぜひ、行きましょう。
  • 駅は、”車站”って書いてあります。道に迷わないでね。

posted by j138

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

台北旅行(2017)

スポンサーリンク

-台北2017,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.