スイス・スペイン(2019) 一人旅 映画

世界遺産”カタルーニャ音楽堂”で観るフラメンコ&ギターが幻想的

投稿日:2020年2月11日 更新日:

サムネイル  世界遺産 カタルーニャ音楽堂

普通、世界遺産である建物って、厳重に、現在の姿をなるべく保存するように、見学だけというケースが多いと思います。

しかし、スペイン、バルセロナの世界遺産”カタルーニャ音楽堂”では、なんと生のフラメンコショーが見れるんです。(生でないのもってなんだろう?)

世界遺産の中で、昔から使われていたように今の時代でもショーがみれる。

こんな素晴らしいことはないのではないでしょうか?

世界遺産”カタルーニャ音楽堂”でのショーの予約(VELTRA)

私もたまたま、みかけたのです。

”カタルーニャ音楽堂”は世界遺産なの見学したいなぁ、と思っていたのですが、見学ツアーとフラメンコ鑑賞つきのツアーがあります。

2秒迷って、フラメンコショーを観ることに。(そりゃ、そうでしょう。)

私は、最初、オリジナルのページを探せなかったので、VELTRAというサイトで予約しました。

あとで、本家ページもみましたが、値段も変わらないのでveltraで予約でいいと思います。

(値段とかは、その時で変わると思うので確認してください。)

予約方法は簡単です。下からveltraのページに飛びます。

Veltraで予約する

左上の検索窓に”カタルーニャ音楽堂”と入力して選ぶだけです。

今見ると、

”フラメンコ・ショー「バルセロナ・イ・フラメンコ (BARCELONA y FLAMENCO)」<カタルーニャ音楽堂/バルセロナ>”

というのが出てくるので、それを選んでください。

世界遺産”カタルーニャ音楽堂”のショーの日にちについて

演目が複数あるので、自分の好みのものを選んでください。

演目で、日時が違うので、自分の旅行プランにあったものを選ぶといいでしょう。

私は、今回フラメンコを初めてみたので、演目の違いなんて全くわからないですけどね・・・。

うまく、自分の旅行プランにあう時間のものを見つけて予約しました。

ショーの鑑賞座席について

座席は、VIP席、A席、B席が選べます。ツアー内容に書かれています。

ピンクのところがVIP席、青がA席、緑がB席だと思うので、VIPがいいかと思います。私も当然VIP席にしました。値段は55ユーロ(約6,800円)です。

ま、滅多に行かないし、VIP席にするのが良いと思います。そんなに値段の差はないです。

カタルーニャ音楽堂の座席クラス分け

私が予約したときは、座席の細かい指定はできませんでした。そのクラスのいい席から順番にとってくれてるようです。

事前に知りたい方は、メールで問い合わせれば、正確な座席位置を教えてくれますので、気軽に尋ねてみてください。日本語メールでOKです。

私もメールして、事前に聞きました。

本家の予約サイトだと、座席も細かく指定できるようですね。

VELTRAについて

バルセロナで、ツアーを検索すると目にすると思います。日本語で予約できるし、サポートもしっかりしています。

私も何度かやりとりしましたが、レスポンスも良くて好印象です。

値段も、ほぼ本家(オフィシャル)のHPと変わらないので使えると思います。

ツアーは、必ず本家の方が安い印象でしたが意外でした。

固定概念にとらわれず、両方確認することをオススメします。

関連記事:
カサ・ミラ とカサ・パドリョの事前予約は必要?お得な予約方法はこれ

VELTRA自体は、今まで使ったツアー系の予約サイトの中でもかなりいい印象を受けました。

それでもVeltraはいいと思います

スポンサーリンク

カタルーニャ音楽堂の外観

少しだけ、写真で紹介します。

カタルーニャ音楽堂の建物自体は、街中にあるので、想像以上に狭い空間に立ってる印象でした。

夜の部の演目だったので、結構遅くにいきましたが、ライトアップされていい感じでした。

でも、建物の前がちょっと狭いのが残念。こんな立派な建物が普通に立っているバルセロナって、すごいって感じますね。

カタルーニャ音楽堂外観

入り口はこんな感じで、かなり近代的。お洒落な感じに仕上がっています。開場前でもあんまり人がいない感じでした。

時間ぴったりくらいにくる人が多いみたいでした。

早めに行っても、人混みもなく快適に過ごせます。

カタルーニャ音楽堂入り口

これが、昔の券売口。らしい・・・。行く前に調べたどなたかの記事に書かれていました。ひっそりしてますが、しっかり見つけて、写真を取りました。

随所におしゃれ感が出ていますよね。いちいちかわいい。。。

カタルーニャ音楽堂、昔使われていたチケット売り場。

カタルーニャ音楽堂の内部

では、内部も少し、紹介。

ここがエントランス。奥にバルがあって、ショーを待ってる間に寛げます。

カタルーニャ音楽堂、内部エントランス

で、ここがバル。ショー直前は激混み。

行ってないので、料理の感想とかかけないです。とにかく、建物をみたい気持ちが勝ってしまって、劇場見学してました。

カタルーニャ音楽堂、内部にあるバル入り口

内部はこんな感じです。夜だから暗いというよりは、昼も暗いんだろうな?

の印象です。

天井や壁の装飾が美しくて、劇場全体が芸術性がものすごく高いです。

一階席を予約してる方も、まず、二階から全体を見渡すといいと思います。

ショーの少し前に開場するので、早めに行って、劇場内をみてまわるのがいいと思います。

カタルーニャ音楽堂、劇場風景 二回席から

スポンサーリンク

ショーの雰囲気

海外のショーは、一体感があって面白いですよね。(これはいつも思う)

観客のみんさんの質も良いのでだんだん盛り上がる感じが素敵です。

内容は、フラメンコとギターを交互に披露する形で進みました。客席と舞台が近いので、演者の雰囲気に客席も包まれる感じになります。

実際、前の方の席(十数番目)だったので、まぁ、近い感じでしたね。やっぱり後ろの方より前の方が楽しめる感じはしました。

悪い意味ではなく、演目も派手ではない感じではなかったので。

ショーは、ライトが落とされるので、あの建物がぼんやりライトアップされて、幻想的な空間となります。

世界遺産のカタルーニャ音楽堂で、ショーが観れるなんて素敵すぎます。

設備は、伝統を感じますが、不自由な感じはなく、あっという間に終わってしまった感じです。

最後は、劇場内全体が盛り上がって、ちょっといい雰囲気になります。

ショーの最中は、当然撮影禁止ですので写真はないのですが、写真ではあの漢字は伝わらないので、

ぜひ、肌で感じに行ってください。

オススメする理由(再確認)

1)世界遺産の中でショーを見れるなんて素晴らしすぎます

2)世界中の環境客と一体になる雰囲気を味わえます

3)演目も言葉でなく魂で感じるものなので、言葉がわからなくても平気です。

まとめ

今回は、世界遺産である、バルセロナのカタルーニャ音楽堂でのフラメンコショーの予約方法と実際の雰囲気を一部紹介しました。

世界遺産というのは、後世に残したい価値ある歴史的建造物が多いので、ほとんどの世界遺産は、なるべく現在の姿を保存する傾向にあります。

普通は、見学するだけですよね。

それだけでも、十分価値があると思うのですが、カタルーニャ音楽堂は、そんな世界遺産において、その建物内において、ショーが楽しめるという素晴らしい建築物です。

この記事だけでは、その魅力が十分伝えることはできないですが、

バルセロナに行った際には、ぜひ、その美しさを堪能しに行ってください。

スポンサーリンク

-スイス・スペイン(2019), 一人旅, , 映画

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.