スイス・スペイン(2019)

グエル公園は朝行けば無料、そしたら朝いくよね。

投稿日:

グエル公園入口モニュメントを使用したタイトル画像

サグラダ・ファミリアを造ったのは、かの有名なアントニ・ガウディ。そのアントニ・ガウディのパトロンがグエルさん。その名前のついた”グエル公園”

行けばわかりますが、夢のような公園です。

朝早く、写真のように薄暗い時間に訪れれば、無料で入場できます。

おとぎの国のような幻想的な公園です。

グエル公園は、早朝に無料で入場できます

グエル公園入場料

普通に入場すれば10ユーロ(約1,200円)しますね。

ところが、開園前に、行けば無料です。

開演前に中に入ってるので、タダになるという素晴らしいシステム

1,200円→0円(無料)

です。ありがたや。このシステムを生かさない訳にはいかないですよね?

事前購入
入場10ユーロ
ガイドツアー(待ち時間なし)25ユーロ
ガイドツアー(待ち時間なし):
サグラダファミリア&グエル公園
77ユーロ

BOOK PARK GUELL TICKETSの情報

出グエル公園チケットサイト(英語)

当然、僕も早朝、7:00に到着して、空いてる門から中に入りました。行ったのは、9/23ですが、その日は、7:45日の出でした。

自分が訪れる日の日の出の時間を確認して訪れてください。

スペイン バルセロナ日の出日の入り時間

スポンサーリンク

行き方

バルセロナの中心部にいればそれほど遠くないので、タクシーで行きました。

バルセロナはそれほど治安がいいところではないので、タクシーがオススメです。

こんなところで、朝早く身ぐるみ剥がされたら、ダメージデカすぎる・・・。

ほんと朝は人通りが少ないので、悪い人にでくわすとアウトです。安全に注意して行ってください。

ちなみに、僕の泊まったホテルだと、10分ちょいでつきました。

朝は、道も空いているので、すぐ着きます。主要地でも20〜30分みておけば大丈夫だと思います。

サグラダ・ファミリアまでも10分くらいです。

これくらいだったらタクシーですね。1,000円で買える安全を買って欲しいです。

早朝のグエル公園の風景

せっかくなので、行った時の様子を少し話しておきます。

着いた時はこんな感じです。この写真はもう入り口の門を抜けて階段登ったあたりで撮っています。入り口にあるおかしの家みたいなところわかりますかね?

朝のグエル公園、日の出前

ここが、みんな朝日を観るスポットのようでした。入り口からもそんなに離れていないです。

ちょっとだけてくてく登ってください。人が群がっていますねぇ。

ここでバルセロナの街がだんだん光に包まれて朝を迎えます。感慨ひとしお。。

ま、結構、人いますけどね。みんななるべく太陽に近い場所に集まってました。

数十人くらいの規模なので、まぁまぁいるなぁ、って感じです。

グエル公園での日の出

あとは公園をプラプラしてまた下っていきました。

ここが結構、有名ですかね?どこもかしこも造りにこだわりがあって歩いてるだけでワクワクします。

グエル公園の回廊

柱見てるとこんなのもありました。きっと有名。。

グエル公園の回廊の柱

帰る頃には、人がわしゃわしゃ訪れ始めました。ちょうど開園した頃です。

みんな、知らなかったのかリサーチが甘いのか?無料の時間帯より、人が多いです。

すごい勢いで人が入ってきます。

やっぱり、朝一で来る人が多いようですね。でも、やっぱり人が多い・・・。

グエル公園入り口混雑

最後に、おかしの家風の門の建物をアップで撮って、見学終了です。

グエル公園入り口 おかしの家風建物

やっぱり、朝(開園前)は断然空いていて見学するには最適な時間帯です。

この時間帯に入らないなんて、

もったいないです。お金も時間もせっかくの美しい公園の景色も

ぜひ、無料時間帯に行ってください。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、スペイン バルセロナのグエル公園に無料で入場できる方法を紹介しました。

開園前に入場すれば、無料で楽しめますので、是非、行ってみてください。

バルセロナの観光スポットは、本当に人が多いので、公園くらい、ゆっくり楽しむことをお勧めします。

スポンサーリンク

-スイス・スペイン(2019)

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.