働くこと

40代転職での面接でもっとも気をつけないないとダメなこと

投稿日:

40代の面接って、とっても難しいと思うのですよね。面接相手も自分より年下の場合もあるし、自分の経験が、面接官を超えてる場合もあると思うのです。

もう、ほんと難しい。

実際、面接を受けて面接で重要なことを整理していきたいと思います。

面接時の心がまえの整理

私は、一社、圧迫面接も受けましたが、その時の経験がその後、結構役立ちました。五人に囲まれて、質問責めだったのですが、普段の面接と違って、勉強になったと思います。

それも絡めて、経験した面接で感じたことを整理しておこうと思います。

未来で語るのではなく、経験で語ろう

40も超えて、自分のポテンシャルで話すのは、随分青臭い印象を与えてしまうことだと感じました。未来を話す場合は、過去から始めるのがいいと思います。

”〇〇のことをやった経験があるので、将来のこのような業務に活かしていけると思います。”

とか、聞かれたことに対してフィットする自分の経験から始めるのが良いです。その業務に対するパッションは大切ですが、若い頃のようにパッションだけでは冷めれてしまいます。その逆に、40代の方の経験は、深いものがあります。なるべく、自分の経験を掘り起こしてアピールするようにしましょう。

面接の練習は軽くしておこう

これも大切ですが、面接の時、決まった質問ってあると思うのです。例えば、

”これまでの経歴は?”
”転職動機は?”
”うちに入ってやりたいことは?”
”うちに入って役立つことは?”

では、この中で重要なものはなんでしょう?

最初にもいったように、40代転職で、最も難しいのは、”転職動機”です。

なぜ、その会社を選んで、その歳になってまで転職したいのか?

なぜ、今の会社でそれができないのか?

です。私も何回かこれに困りました。自分の地位も経験もあるので、今の事業に先が見えない場合、説明しずらかったからです。

何かをいっても、”では、自分がその苦境を改善すればいいんじゃないですか?”って尋ねられます。

そう言われると、けっこう答えに困りました。

自分が、事業を推進する中心人物だし、その人間が、弱音と取られる発言をするのが難しいです。

”心構えでうちで活躍できるの?”って言われるからです。

こういう場合は、しかたないので、

”自分の仕事できる時間もどんどん減ってくる。そういう中で、より未来の活躍ができやすい環境を選びました”

って答えたんですが、ちょっと苦しいんですよね。面接相手は、若い受験者ではなく、ベテランの即戦力人材が欲しいので、このようないやらしい質問もしてくる人は実際いました。

恐ろしい・・・。

こういう面接にのりこれるために、よくある質問は、ある程度声に出して練習しておくと自分の考えがまとまっていくのでオススメです。

いっていいことと、いってダメなことの線は決めておこう

また、この記事を読んでいるあなたはベテラン社員だと思います。ベテラン社員は、いろいろな情報を持っています。何回か面接すると思うのですが、現職の情報をかなり聞いてくる場合があります。

結構困るんですよね。受けにいく会社は、自分と関連の近い会社であることが多いと思います。

面接に行く前に、ある程度の線引きをしておいた方がいいと思います。

開発費用の大まかなところはいうけど、開発中の製品の仕様については、カタログスペック程度しか話さないとか、

一貫して、現職の情報は漏らさず、曖昧な言い方に終始する。

とか、ある程度の戦略は決めておいた方がいいです。

ベテラン社員は、話しづらい情報をたくさん持っていますからね。

自分の価値は、明確に具体的に伝えよう

先にも述べたように、自分の経験で自分の価値を表現するのは大切だったと思います。なぜなら、そこから話が広がって自分の強みを面接官にアピールすることができることがあるからです。

私も実際ありました。話が広がるということは、向こうの採用したい人材のスキルとあなたの持っているスキルが近いということです。

ベテランの面接は、若い頃の面接にはない、しっとりした面接の場でもあるので、しっかりした面接が行われる傾向にあるんだと思います。

反面、面接に進むこと自体が厳しいというところも、ベテランの人の転職活動の特徴だと思います。

・面接に進むのは、若い時より少なくなる
・面接に進ん場合、合格する確率は高くなる
・面接では、じっくり会話できる

結局、熱意は伝えよう

いろいろ書きましたが、結局最後は、自分がその会社に入社したい気持ちを前面に出していきましょう。自分の会社にぜひ入りたいという人を悪く思う人はいないと思います。

言い方には気をつけないとだめかと思いますが、ベテランだからクールに振る舞わず、少しくらい自分を出しても良いと思います。

事情にもよりますが、熱意がないなら、そもそも転職試験を受ける必要もないのかとも思います。

スポンサーリンク

まとめ

ベテランの転職の面接は、やっぱり若い頃とは違うなと感じました。

超簡単にいえば以下だと感じました。

やはり、ベテランの転職活動では、経験をもとに話を広げよう
そして、自分の転職理由を明確に伝えよう

個人の体験の感想ですが、少しでも何かを感じてもらえれば幸いです。

スポンサーリンク

-働くこと

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.