働くこと

40代転職の面接で起こりやすい難しい現象とその対策とは

投稿日:

今回は、企業の中で中心的な立場にある40、50代の面接の時に起きやすい現象を考えてみたいと思います。

created by Rinker
¥1,320 (2021/10/27 19:10:19時点 Amazon調べ-詳細)

40代の面接でよく交わされるであろう会話

以下は、実際に交わされたに基づいてます。

面: ”あなたは、なぜ、転職するのですか?

受: ”現在の会社は業績も芳しくないので、未来を感じられません。”
   ”御社の未来にとても興味があります”

面:”あなたの会社の業績は悪いのですか?
  ”では、あなたがその業績をよくしていくという道がありますよね?”
  ”業績が上がらないので、あなただけがそこをやめると言うことでしょうか?”

てな具合ですかね?

ちょっと、嫌味な面接官で書いてみましたが、実際はもう少しマイルドです。

こんなのいちいち聞いてくるの?と思う方、聞いてきますよ。

現場の人間というよりは、人事の人が聞いてきますね。特に、少し年配の方が。

マジでありましたから。

なぜ困るかと言うと、40、50代は、会社の中心的な役割を担うからです。

こう聞き返されると返しにくいですよね?

どうやって返します??

面接では正論を投げかけられることは多々あります。

ほんと、困るんですよね。

私が実際に困った話

この記事の面接の時に困った話です:
40代面接で圧迫面接を初めて受けた経験

私が実際、困りました。

面接に行った時に自分の関わっている事業が中断されそうでした。

これが、私が転職しようとした理由だったのですが、少し、面倒な展開になりまました。

事業の撤退は、会社の経営判断によって決定されます。

こんな時に、面接を受けたので、

受けている先の会社の事業をやってみたい”

と、つい言ってしまったのです。

”じゃ、なぜ、今の会社でできないと考えて、こちらに移りたいというのでしょうか?"
"こちらに移ってもらってやりたいことは、今の会社ででもできると思うのですが"

被弾しました。はい。。。

少しは、反論しましたが、ベースの部分で変なツッコミされてしまって挽回できなかった印象が強いです。

圧迫面接でなければ、もう少し違ったのでしょうが、たとえ面接といえども自分の会社の事業の話をするわけにもいかないので、しょうがないです。

これ、まぁ、話しても情報が回ってしまうから話さなかったわけではなく、自分の会社の機密情報を話すようでは、移った先で信用が得られないと思ったからです。

ここまでの話はさすがにしにくかったのが理由です。面接での受け答えが難しいと感じた実体験でした。

スポンサーリンク

これも、転職理由を難しくする一つの要因

私は思うのです。40代、50代の年齢の人たちって、やはり、現職での重要な内容を知ってるんです。

それゆえに、転職理由が難しくなるケースもあると思うのです。

実際、ネガティブな状態で転職したいと思っていても、伝え方が難しいです。

ま、人間関係がこじれた場合とかも本当のことが言えない場合も多いですけどね。

このような現象を回避する対策とは?

今の会社でできること、できないこと。を面接に行く会社でのケースと比較して、具体的な内容を考えておくべきです。

自分が言えない話も含めて、面接のストーリーを練っておくことです。

特に、転職理由については、最も重要です。なぜなら、あなたはベテラン社員ですので、自分の手で開くことのできないものはないはずです。

今の会社でどうしてもできなくて、新しい会社でしかできないものを見つけておくことです。

私も面接対策をしていましたが、ちょっと薄かったです。

自分の実力があれば、相手の会社も採用してくれるだろうと思っていました。

その他の面接がうまく行っても、40代の転職理由は最も重要な判断材料の一つになっていると感じました。

スポンサーリンク

まとめ

これが、私が感じた40代、50代の人が転職の面接の場でもっとも困ることだと感じました。

いかに、相手に転職理由を納得してもらえるか?は、面接の成功の一つに鍵になるので、対策をよろしくお願いします。

関連記事:
40代転職の現実、2018年に実際にした転職活動経験で気づいた難しさ

スポンサーリンク

-働くこと

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.