働くこと

40代で初めて転職する人の転職エージェントとの付き合い方や活用方法

投稿日:2019年7月27日 更新日:

転職には、転職エージェントを最大限活用すべし

転職する際は、転職エージェントを使う人が多いと思います。

転職エージェントとは、読んで字のごとく、転職活動の人と企業との間を仲介するエージェントです。

職業斡旋の会社って恐ろしくたくさんあるのです。驚くことに、4,500社以上あると言われています。

大きな会社だと、自分の会社で中途採用の様々活動やら諸手続きをこのような職業斡旋会社に完全に任せてるところもあります。

”うちは、リクルートさんお願いしてるので、そちらの連絡先を伝えます。”

とか、今や普通な感じですね。

でも、初めての人はどんな感じかよくわからないと思います。

転職エージェントとの付き合いを最大限活かして、転職活動を是非加速させてください。

スポンサーリンク

最初のステップは、人材紹介サイトに登録

人材紹介サイトとは、自分のレジメを登録しておくと、企業や他の人材紹介会社の人が見て、具体的な案件を紹介してくれます。ここで活きるのが職務経歴書です。

ここで、アクセスしてもらえないと非常に厳しい状況になります

文字数とかは限られたりもしますが、自分のアピールをしてください。

ただ、やったことを羅列しても注目されるのは難しいので、自分の最も言いたいことから書くのがいいと思います。

極端な話、素晴らしい実績があれば、それだけを詳しく書くほうがアクセスはきやすいと思います。

40代ともなると実務でやったことは膨大になります。なるべく多く書こうとすると内容が薄くなってしまいます。

ここはこれまで頑張ってこれた、とか、ここは転職後伸ばしていきたい分野というところをなるべく細かく書いてアピールするのがいいと思います。

職務経歴書の大切さに説いた記事はこちら。


どこに登録すれば良いのか?

まずは、メジャーなサイトに登録するのがいいとおもいます。

リクナビは、とりあえずマストかと思います。これは、かなり多くの方々が登録してますし、このサイト経由で他の人材会社からもアクセスされるので、求人のボリュームを知るためにもここに登録しておいたほうが良いと思います。

これでも、うまくいかない場合は、違うところも登録したり、色々、自分流のしっくりくる感じに変えていけばいいと思います。

リクナビなどの転職サービスのシステム

登録タイミングはいつ?

登録は、転職か活動ができる時に登録してください。

なぜなら、登録した時が、最もアクセスが多いからです。

せっかくアクセスが来ても、忙しくて断らないといけないなら、せっかくのチャンスを逃してしまうからです。

登録するまで時間があれば、まず、自分のアピールポイントを明確にしておいて欲しいです

どういう案件に応答を返すべきか?

今の時期だと、結構問い合わせがくると思います。さすがに全部の案件に応答するわけにはいかないと思うのですが、どういう案件に応答すべきが迷うと思います。

基本は、自分が行きたい案件だと思うのですが、今後の転職活動に役立つと思うので以下のような案件に応答してみてはどうでしょうか?

自分の現職と離れた案件:

自分の現職の職務と違う分野オファーは、自分の知見を広げるチャンスです。知らない話も色々あって、今後の参考になるので積極的に応答しておきたい案件の一つです。

社長案件:


中小企業の社長さんから話がくることもあります。このような案件は、実際の経営者と話す機会があると思うので、色々学ぶことがあると思います。このような案件も色々な知見が得られるので、ぜひ、応答したい案件の一つだと思います。

転職エージェントとの付き合い方

転職エージェントの基本的な活用イメージ

転職エージェントにとっては、あなたは貴重な商品です。その商品を企業に売って、その代金が彼らの給料になります。つまり、彼らは、元手ほぼ0で商売をしています。

転職斡旋会社が異常に増えた背景でもあるのです。

なので、転職情報サイトはタダです。

このような背景から、サイトに登録させておけば、向こうからあなたを見つけてアクセスがくるということです。

あなたは、貴重な商品ですので、転職エージェントがあなたに厳しい現実をそのまま伝えることはありません。基本は、丁重に扱われる前提だと思ってください。

なのでいくら転職エージェントが、あなたなら確実に転職できると言われても話半分に聞いておいてください。

大体の転職エージェントは、あなたより、あなたの業界には詳しくないです。

だって、あなたはその業界で何年かの実務経験がありますよね?そうです、あなたの方がベテランなんです。

なので、転職エージェントからもらう情報は、”企業の採用状況”がメインです。

転職エージェントだからなんでもかんでも知ってる訳ではないので、

そういう心構えで彼らの持っている情報をなるべく引き出してください。

うまく、エージェントを活用して転職活動を有利に進めてください。


このようなサイトもあります:

自分の強みを知ろう!

転職エージェントの付き合う期間は短い

転職エージェントと長く付き合うかと思いますが、あまり長く付き合うというのは最近聞いたことがないです。

20年くらい前はあったようですが、最近は、そういう長く付き合うパターンはないようです。

なので、紹介案件1〜3件くらいがそのエージェントとの付き合いと思ってください。

つまり、次のエージェントともまた、同じような話をするつもりで、準備しておくといいです。

そうすると、自分の考えもだんだんとまとまってくるし、色々改善されて、内定を得られる確率が上がっていくのです。

スポンサーリンク

まとめ

40代の転職活動での転職斡旋会社の活用方法について記事にしてみました。

歳を重ねれば重ねるほど、転職活動が難航していくと思います。

なので、転職活動を使って、自分自身も内定をうまく勝ち取るように成長していくのが、成功の近道です。

なんでも自分の今後の転職活動に活きることだと考えて活動してください。

健闘をお祈りしています。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

40代転職が難しすぎたので色々整理してみた

40代で初めて転職する人が、まず最初にするべきこと

40代転職の現実、2018年に実際にした転職活動経験で気づいた難しさ


スポンサーリンク

-働くこと

Copyright© InterDimension:インタディ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.