映画 映画2017

映画の感想:”フリー・ファイヤー”- 実際の銃撃戦は本当にこんな感じなのか?

投稿日:2017年5月8日 更新日:

原題:"Free Fire"

僕の悲惨なGWを癒すのは、映画しかないということで、観にいきました。”フリーファイアー”。爽快な映画のイメージでしたが、痛すぎる映画でした。

映画の感想

いやー、全編ずっと痛いです。ずーとです。ああ、また弾が飛んでくる。また、打たれるのか?って、ずっと、痛い感じがたまらんです。うーん女性はいかない方がいいと思います。

 

でも、制作サイドから言わせると、こっちが、真の打ち合いだということです。そう言われても、銃の打ち合いにリアリティを求めないような人にとっては、ひたすら痛いです。

 

ストーリに関して、何かあるのかとおもったら特に何にもなかったです。(多分。。。)

 

それに、してもこの映画にこの映画に、ブリー・ラーソンが出るとは?アカデミー賞女優もこれに出るとはチャレンジングです。そして、観る前に、あのブリー・ラーソンが出ているならなんかあるんだうと思った僕。。。

 

雰囲気的には、タランティーノの映画のような軽さがあります。弾はずっしり重かったりするんですが。

まぁ、ある意味、挑戦の塊のようなこの映画。これが、成立するのか否か、あなた自身で確かめてみてはいかがでしょうか?

 

なんの話かわからん感想ですが、こんな内容なんです・・。

ピックアップ アクタ/アクトレス

なぜか、俳優陣が豪華なんです。(失礼)

キリアン・マーフィー

クリストファー・ノーランの映画に欠かせない俳優さんです。もともと、独特な雰囲気を持った俳優さんなので、印象に強く残る役柄を演じてくれます。こんな映画に出るなんて。。。

この映画の中でも異彩を放っています。若干、薄汚れた役なので、最初、あれ?っておもいました。

アーミー・ハマー

薄汚れたキャラが並ぶ中、明らかにシュッとしたキャラが、一名紛れています。それがアーミー・ハマーです。この映画にあって、シュッてしてるなんてびっくりです。僕の観た中だと、コードネーム U.N.C.L.E.とかに出てました。この映画では、シュッとしてるけど、ちょっと間が抜けたような役を演じてくれています。

 

この映画をオススメしたい方

はて、どういう人に勧めたらいいのでしょうか?

  • リアルな銃撃戦が好きだという方(本当か?どうかはよくわからないですが。)

 

映画観賞記録

2017年、映画館で観た映画: 17本目

個人的な評価: 4.0点/10点満点

今日のポップコーン: 前回に続いてなしだ。

ひと言:いいのか?この映画(汗)

 

2017年の個人的な映画ランキング

2017年映画館で観た映画ランキング

 

posted by j138

スポンサーリンク

-映画, 映画2017

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.