クライストチャーチ2019

クライストチャーチ旅行で持っていった方が良いものといかなくてもいいもの 

投稿日:2019年3月3日 更新日:

クライストチャーチ、一つ目の記事は、準備編です。持ち物の準備は大切です。
今回は、スーツケースも70Lのものを新調したので、ずいぶん、荷物が入れられるようになりました。(ま、これで、後々不安なことにもなったのですが。)
あまり、たくさん用意しなかったですが、少しだけ紹介しておきます。

僕が実際に持っていったもの

1.耳栓

台北旅行でもお世話になっていた耳栓。気圧の影響を緩めてくれる優れものです。今回もこれを2つ買いましたが、行きと帰りで1つだけ使いました。帰りも問題なく機能してたので問題なく使えました。本当は、行きと帰りで1ペアずつ使えばいいんでしょうけど。。

2. ガイドブック

今回はガイドブックをかなり迷いましたが、9年前、オークランドに行った際に購入した地球の歩き方を使いました。結局、クライストチャーチだけの情報の本がなくて、ニュージーランドの本を買っても使える情報が20ページくらいなのとあんまりいらない気がして、まぁいいやって感じです。なので、一番、情報が充実ニュージランドの記事を掲載しているこの本だけ持っていきました。情報は、ほとんどネットで集めたんですけどね・・。
1冊あった方が便利ですけど、ホテルでネットも使えるので別にいらないかもです・・・。僕も、特に開かなかったです。持ってくだけ思いという話も・・・。
10年前のであまりつかえないですし・・・。

行ってみた結論ですが、1週間程度行くだけならガイドブックが必須とは思えませんでした。ま、そういうガイドブックって読むのは楽しいし、旅行前の気分が上がるので一冊くらい買うのはいいのかな、って思います。ニュージーランドのガイドブックは、ニュージランドで一冊なので、地方別に分けてくれたら購入したいなぁ。と思ってました。

2. 電源タップ

ニュージとオーストラリアは、Oタイプの電源プラグです。これは、忘れずに持っていきましょう。電圧は240vですが、僕のiphoneとデジカメは大丈夫でした。電源の電圧の最大定格だけは確認していった方が良いと思います。最近の電気機器なら大丈夫だと思いますが、◯◯V〜◯◯Vって書いてるところが、240Vを含んでいれば大丈夫です。変圧器はめんちいですよね。

一応、アマゾンの商品ページを張っていますが、ちょっと大きめの100均にも売ってるのでそこで買っちゃえばいいと思います。僕も100均で2つ買ってそれを使ってました。

ポイント5倍!【メール便送料無料】ヤザワ 海外用変換プラグ Oタイプ 海外用電源変換アダプタ HP4 オーストラリア・フィジー・ニュージーランド・中国など

3. 充電器

スマホ充電器は買いに行ったけど、重いので家にあった電池式のものを持っていきました。軽量化、これ重要です。旅行で移動が多いので、あまり荷物を重くしたくないっていう考えからこれにしました。そもそも大自然を前に、スマホいじってるなんてことないですから。

長距離移動時の暇つぶしが欲しい方はいいのがあった方がいいかもです。僕は、いつも寝てるのでいらなかっただけですけど。


この持ち物は不要だったもの

1. 電池

今回、携帯の充電が切れると困るので充電器を持って行こうと思い、電気屋さんに買いに行きましが、充電器自体が重い。。。重すぎる。。。。というわけで、今回、電池で充電できる機械を持っていきました。
ついでに、電池を15本くらい持っていきました。だって、すぐ電池買えるんでしたっけ?って思って・・・。結局、その充電器も使いませんでした。
デジカメとスマホがあったので、スマホの充電が苦しくなるとデジカメで撮影していました。そもそも、電池がいらなかったのですが、電池って本当に持って行かないとダメだったのでしょうか?

結論、簡単に見つけられました。まぁ、100均の電池より高いですが、手に入るなら持って行かなくってよかった。重たいので新品のまま、ホテルに置いてきました。こちらも無駄でしたー。

電池たち:クライストチャーチのスーパーにいっぱい売ってました。

このもちものは持っていかないとダメだったと思ったもの

1. 歯磨き粉

あれ?歯磨き粉って、ホテルにあった気がしてたんですが、僕の泊まったホテルにはなかったですね。結局買いましたが、軽いので持っていけばよかったです。コンビニでこんな大きなもの買いました。残りは捨てました。無駄でした〜。

クライストチャーチで買った歯磨き粉

2. 日焼けどめ

この時期で、さらには天気予報が曇りだったので油断しましたが、日が強いので、この時期でも日焼けどめがマストです。これももっていけばよかったです。

顔と肩がかなり赤くなりました。僕は、今回の旅行が夏休みだったので少し日焼けしたかったのですが、ちょっと焼けすぎたので慌てて買いました。結局、2日分くらい使って捨てました。これも無駄でした。
でも、”ニュージーランドの日焼けどめは、ニュージのもので”って書いてましたから、よかったです。(負けず嫌い)塗ると塗らないでは全然違いました。
買い物する時間がない人は持っていった方が良いと思います。
これは、普通のスーパーに売ってました。でも、買うの忘れちゃんですよね・・。

クライストチャーチで買った日焼け止め

3. 髭剃り

髭剃りって普通、ホテルになかったでしたっけ?僕はあまりヒゲが濃くありませんが、さすがに2日に一回くらい剃りたいです。ないとは・・・。と思ったものです。これも近所のコンビニで5本入りを買って残りは置いてきました。普通、ないんでしたっけ?(流石に写真がないので、Amazonで代用)

3. 荷物はかり

実は、これが一番欲しかった。欲しかった理由はまた、後で述べますね。

1mテープ 50kg荷物はかり デジタルスケールアウトドア 軽量  MYR

スマホってどうする?


あとはデジカメとスマホくらいでした。
僕の場合、スマホは、Simカードを抜いていって、Free wifiだけを頼りにつなぎました。これは、海外での扱いは僕の中である程度決まってます。あんまスマホも使わないので、僕にはこの程度で十分でした。Simカードを抜くのは、間違って課金されなくする対策です。でも、家で抜くと、日本でも電車とか調べられないのでそれはそれで不便です。今回も、帰りの電車調べたかったけど、成田を出発するとほぼ使えませんでした。でも、スマホ見てるとdocomoのwifiはかなり見かけたので、docomoのwifi繋げられる人なら結構大丈夫かも。見てた感じ、成田→横浜間は、docomo > au > ソフトバンクな感じでした。僕はソフトバンクですが、全く繋がりませんでした。もう少し頑張って欲しいところです。

クライストチャーチでは、空港、ホテルは無料のwifiあるけど、その他の場所はあまり普及してなかったですね。外でもスマホなきゃやだって人は、素直にwifi借りた方が良いと思います。バスは、一部繋がりますね。
wifi事情もこれからの記事に書いていこうと思います。

スポンサーリンク

-クライストチャーチ2019,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.