スイス・スペイン(2019) 一人旅

スイス・ベルン観光(穴場編)|ガイドブックに載っていないこの場所が良かったよ

投稿日:2019年11月2日 更新日:

ガイドブックって、本当に旅には欠かせないと思うのです。

でも、旅先で何気なく歩いてたりするとガイドブックに載っていないのに素敵な場所や施設を見つけることって結構多いです。

そんなとき、ちょっぴり幸せな気持ちになります。

これまでの記事

ここまでは、ガイドブックに載ってるようなところを巡ってきました。これらは、ガイドブックに載っていた場所ばかりです。

これまでのベルン情報:

スイス・ベルン観光(前編)|旧市街は世界遺産に登録された15世紀末の街並み

スイス・ベルン観光(中編)|アインシュタインハウスってどんなとこか見てきた

スイス・ベルン観光(後編)|これだけは絶対やって!上から旧市街の名所街を眺める

ちなみに、私の買ったガイドブックはこちら。

ガイドブックの王道。地球の歩き方です。ベルンで読んだのは、11ページだけです。ちょっと、モッタイナイ・・・。

この中に出てないところ、というか、普通、ガイドブックに乗るほど目立ったとこでない、景色が良かったり、気持ちが安らいだりするところって好きなんです。

なので、ぜひこの情報をシェアさせてもらいたいと思いました。

なんで、ガイドブックに載っていないんだの場所1

では、早速、1つ目の場所は、ここに出た時に、

”なんだ、この景色は、ベルンの旧市街とは全く違う趣き。。。”

と思った場所です

具体的な場所

連邦院の裏手です。市街の方から連邦院に行くと、ところどころ裏に抜けれる場所があるので、そこを抜けて行ってください。表からみてる景色とは別世界が広がっています。

やはり、スイスの景色は美しい、

何がそんなにオススメなの?

連邦院の表はこんな感じです。以前の記事のあたりです。

連邦院あたりの景色

こういうところから(何箇所かあったんですが)裏へ抜けれます。

連邦院の裏手に抜けれる

そうするとこんな感じの広場のような通路のようなところに出るのですが、ここからの眺めがすごく良かったです。

こんな感じ

こんな感じ

なんか、写真では伝わらない・・・。

ビルを抜けて裏手に回ったら、雄大な景色が広がってることにハッとさせらした。

犬の散歩とか、地元の人たちもたくさんいました。

ここには、ベンチもあるので、天気のいい日は、ここでランチすると最高だと思います。

私もここでランチしました。遮るものが何もないので、暑いくらいでしたが、いい景色でのんびりランチできて、至極の時間を過ごすことができました。

ここは、本当にオススメです。ちょっと裏手に回るだけですが知らないと通りすぎてしまいますので、行った時にはぜひ、お立ち寄りください。

なんで、ガイドブックに載っていないんだの場所2

具体的な場所(ミュンスタープラットフォルム)

ここは、ベルナーミュンスターを登った時にたまたま見つけました。前の記事の写真にもさりげなく写っています。ここは、本当いい。

ベルナーミュンスタを正面にみて、右後方にある公園です。

何がそんなにオススメなの?

もう一つの場所は、地元住民も旅行者も混ざってくつろぐ公園です。公園と行ってもそれほど広いわけではないですが、中には、屋外なのに卓球台とかもありますし、ベンチもあります。

芝生で寝てくつろいでる人や、ベンチで本を読んでる人、仲間で卓球を楽しんでいる人たちとくつろいでる人たちがたくさんいて、この中に混ざると、自分もリラックスした気持ちになります。

ただ、のんびりするだけで、くつろいだ気持ちになる公園です。

ミュンスタープラットフォルム
卓球台見えますかね?

これだけでなく、ここからの景色も美しい。今度は、アーレ川ですね。スイスの自然って、どこみても美しいので不思議です。特にベルンのような建物の多いところにいると、自然がより際立って感じるようです。

ここもちょっと高台になってる感じです。旧市街自体が高台にある街って感じなんですね。メインストリート歩いてるとわからないですが色々歩いてると、地形の雰囲気も楽しめて、面白い発見な気がしました。

ぜひ、このあたりも行ってみて欲しいです。

スポンサーリンク

おまけ

ベルンについては、もっと色々紹介したいです。あちらこちら、半日かけて歩いてみると面白いと思いますし、いろんな発見が必ずあると思います。

最後に、一つだけ紹介させてください。

水飲み場が楽しい

ベルンの旧市街には、いろんなところに、水飲み場があります。時計台のそばには、クマが鎧着た水飲み場がありましたね。

他にも色々あります。これは、ガイドブックにも載っていました。

子喰い鬼の泉

こんな怖いのもあるらしい。みた時、怖かった・・・。

場所は、コルンハウス広場の真ん中、少し北寄りだったと思います。

パッとみなんだかわからんです。こんな感じ。

子喰い鬼の泉

よくよくみていくと、おいおい、子供食ってるやん・・・。(汗)

夢に出るわ。。。

子喰い鬼の泉(アップ)

面白いですね。インタディで紹介した2つの泉の他にも色々あるので注意深くみてみましょう。

なお、子喰いの鬼の泉は、2019年10月の終わりころには、周りが工事中で、みづらい位置にあります、注意して、見学してもらえると幸いです。

まとめ

今回は、ガイドブックで見たのではなく、ベルンの旧市街を歩いて、興味深い場所に出くわしたので、その紹介をしました。街歩きって、歩けば歩くほど色々な発見があって面白いです。あまり紹介されないのが残念ではあるのですが・・。

今回は、2箇所、私のオススメの場所を紹介させてもらったので、ベルンで旧市街を歩く方はぜひ、行ってみて欲しいです。なーんだって思ってもそれはそれです。(笑)

では、今回はこのへんで。

この記事を読んだ人はこの記事も読んでいます

チューリッヒ観光:たった2時間のおすすめ短時間町歩き

チューリッヒ観光:リンデンホフの丘で日の出をみて一日を始めよう

スポンサーリンク

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-スイス・スペイン(2019), 一人旅,

Copyright© InterDimension:インタディ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.